« 公式リリース>カタールGP2014 | トップページ | コンチネンタルのニュータイヤ(ラジアル!) »

カル・クラッチローはガス欠ではなかった模様

カタールの決勝、よたよたとフィニッシュラインを横切り、すぐにマシンを停めてしまったカル・クラッチローですが、あれはガス欠ではなく電子制御のトラブルだったと語っています。CRASH.netより。
============
どうにかこうにかフィニッシュラインにたどり着きドゥカティでのデビューレースを6位で終えたカル・クラッチローはゴールするとすぐにコースサイドにマシンを停めてしまった。

まるでガス欠のようだったがクラッチローによればレースの間中普通ではあり得ない技術的問題と戦っていたということだ。

彼のワークスドゥカティのトランスポンダーが故障したことで、サーキット内の位置情報がシンクロしなくなったというのである。

GPSは禁止されているものの他の方法によって位置情報が取得され、パワー配分やトラクションコントロール、ウィリーコントロールなどがサーキットの場所ごとに最適化されるようになっている。

先日のルール変更によって許されたワークス独自のマニエッティ・マレリ用電子制御ソフトウェアを使うクラッチローはこう語る。「ガス欠じゃないんです。最後までガソリンは保ちましたよ。でも5周目を終わったあたりからトランスポンダーが壊れてしまったんです。
 マニエッティ・マレリの問題ですね。マシンがコースと同調しなくなったんです。最終コーナーではマシンは自分が1コーナーにいると認識してるみたいで、しかも周回ごとに考えを変えやがるんです。だからフィニッシュラインを通る度に場所が違っていた。
 5周目を過ぎたら完全に電子制御がおかしくなって、それが最終ラップまで続いたんですよ。だからその後の6〜7周まともに走れたのは驚きですね。
 最終ラップの最終コーナーを過ぎたらマシンが止まることにしちゃったみたいで、もう再スタートしなかったんです。それでなんとかゴールまで持っていこうとしたんですけど、ピットレーンの速度制限が効いたみたいな感じだったですね。だからなんとかうまくやれたと思うし、後ろとの差があってよかったですよ。
 あれはドゥカティ側の問題じゃないんです。そういう意味ではいい走りができてよかったですし、問題が起きるまではアンドレアと対等に闘えたし、まあその後はだましだましって感じでしたけどもね」

序盤ではチームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾとバトルをしていたクラッチローだが、その後トップグループと中位グループの間を単独走行することとなった。結局前のライダーの転倒にも助けられて5位と6位という結果を得ることができわわけだが。

「本来の戦闘力はもっと高いと思いますよ。トップ争いは無理かもしれませんけど、少なくとも4位のエスパルガロにはもっと近づけたはずですね。
 まあ2速に入っているときに6速だと思い込んでるバイクで走るのは簡単じゃないってことですよ。
 もちろん他のライダーのミスに助けられたのは確かだけど、完走しなければポイントも得られないですから。問題が起きるまではアンドレアと対等に走れたんで、彼の成績には勇気づけられますね」

2012年のポルトガルGPでニッキー・ヘイデンのドゥカティにも同様の問題(当時の諸々翻訳記事はこちら)が起こっている。このときは電波の混信が原因とされた。

ウォームアップでも転倒しているクラッチローにとってはカタールGPは不思議なレースとなったろう。その転倒についてはCRASH.netに対して、単に汚れた路面の問題だったと語ってくれた。
「ちょっとはらんでしまったらそこにほこりが浮いていたんです。あれは僕のミスで、それでマシンをクラッシュさせてしまった。レース前にみんなを働かせることになって申し訳なかったけど、みんながんばってくれましたね。週末中すごくがんばってくれて良いセッティングを出してくれたんで良いレースができたんだと思います」
============
クラッチローの順位表示がおかしかったのはそういうことなんですね。でも、これ2回目ってのがいかがなものかと。

|

« 公式リリース>カタールGP2014 | トップページ | コンチネンタルのニュータイヤ(ラジアル!) »

コメント

恩恵の筈の統一ECUに足を捕られたドカ。信頼性は今一つ...

投稿: ひさすえ | 2014/03/25 23:11

マレリだと多分STのマイコンだと思うんですが、そうした個々のパーツの問題ではなくて、マレリのECUの基盤デザインやアセンブル、パッケージングの問題でしょうか。

投稿: ひさすえ | 2014/03/26 12:24

>ひさすえさん
 なんかハードに不具合があるのか、デスモセディチのコネクタに問題があるのかって感じだと私は予想してます。ヤマハには起こってないですからね。

投稿: とみなが | 2014/03/26 19:55

クラッチローは、本音では移籍を後悔しているのでしょうか?ドゥカティーに移籍することは…貧乏くじを引くことでしょうか?

投稿: moto4 | 2014/03/27 04:05

>moto4さん
 彼はワークス待遇(自分で航空券とらなくてよかったり)にも魅力を感じていたはずなので、後悔も半分くらいかもですね。

投稿: とみなが | 2014/03/30 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59349083

この記事へのトラックバック一覧です: カル・クラッチローはガス欠ではなかった模様:

« 公式リリース>カタールGP2014 | トップページ | コンチネンタルのニュータイヤ(ラジアル!) »