« このレバーは何? | トップページ | 公式プレビュー>カタールGP2014 »

統一ECUソフトウェアは2016年から導入:ファクトリー2問題についての公式決定

日本語訳が例によってスペクタクロなので、英語版から翻訳。MotoGP公式サイトより。
============
グランプリコミッション(ドルナCEOカルメロ・エスペレータ氏、FIMエグゼクティブディレクターのイグナチオ・ヴェrネダ氏、IRTAのエルヴェ・ポンシャラル氏、MSMAの坪内隆直氏)がカタールにて2014年3月18日に会合をもち、MotoGPクラスに関する以下のルールを導入することについて同意した。

1.チャンピオンシップECUソフトウェア(訳注:ドルナが提供する電子制御用統一ソフトウェア)の使用が2016年から全チームに義務づけられる。
 MotoGPクラスに現在参加中のチーム及び将来参加予定のチームはチャンピオンシップECUソフトウェアの開発に共同で参加することになる。
 ソフトウェアの開発に関しては、ユーザー限定で参加可能なウェブサイトを通じて開発状況を監視し、修正等について提案することができる。

2.今シーズンから適用:前シーズンにドライコンディションで勝利を挙げていないファクトリー・オプションチーム及び新たに参戦するチームに関しては年間12基のエンジンを使用できる(シーズン中の開発も可能)。また燃料容量は24L、タイヤはオープンクラスと同じものが提供される。この特例は2016年開幕まで適用される。

3.上記特例は以下の条件で段階的に縮小される
 同一のメーカーが2014年シーズンにドライコンディションで優勝1回、または2位2回、または3位3回を達成した場合、燃料容量は22Lとなる(複数のライダーによって達成された場合も同様)。さらに2014年シーズンに同じメーカーのマシンが優勝を3回した場合はオープンクラス用ソフトタイヤは使えなくなるものとする。
 2015年は2014年の結果に基づき縮小された特例が適用される。
============
ファクトリー2という言葉は消えましたが、要するにドゥカティ用対応ではありますが、ドゥカティはファクトリーオプション(つまり自社製ECU)という扱いに戻ったんですね。

でも項目3をそのまま読むと、2014年に優勝したらタンク容量が22Lになるってことですが、項目2では「前年(2013年ではなく『前年』つまり2015年に関しては2014年が『前年』となるはず)に優勝したことのないチームに対する特例」と読めるので、タンク容量は他のファクトリーオプションと同様20Lになるようにも読めますね。どっちなんでしょうか???

<追記>Motomatters.comのDavid Emmett氏にツイッターで聞いてみたところ、今年のルールがそのまま適用されるのでドゥカティが2014年に優勝しても2015年のタンク容量は22Lとの解釈というお答えをいただきました。

<さらに追記>ジャーナリストのIan Wheeler氏の意見は逆で、2014年にドゥカが勝ったら2014年は20L+ファクトリー用タイヤでは、とのこと。やっぱよくわからないみたいですね。

|

« このレバーは何? | トップページ | 公式プレビュー>カタールGP2014 »

コメント

HRCの対応や如何に?乞うご期待!ですね。

投稿: ひさすえ | 2014/03/19 00:58

もう少し混乱は続きそうですね

投稿: takkaja | 2014/03/19 01:09

正直、GPで何がやりたいのか、と。
極論的にいえば、そんなに色々と
「平等化」したいのならば、
もう市販車改造でないことである
必要すらなくていいんじゃないか
って、個人的には思うのですが。

投稿: KEI | 2014/03/19 18:55

>ひさすえさん
 まあHRCが撤退してもレースの面白さは変わらない可能性もあるとはおもいますけどね。

>takkajaさん
 うーん、なんか解釈の幅のありすぎるルールはだめですよねえ。

>KEIさん
 オープンクラスは既に市販車エンジンである必要は無くって、ECUソフトをどうするかだけですね。で、市販車エンジンとか言い始めるとSBKとの切り分けができなくなっちゃうと・・・。

投稿: とみなが | 2014/03/19 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/59316487

この記事へのトラックバック一覧です: 統一ECUソフトウェアは2016年から導入:ファクトリー2問題についての公式決定:

« このレバーは何? | トップページ | 公式プレビュー>カタールGP2014 »