« 公式リリース>アラゴンGP2013 | トップページ | 誰を責めるべきか:アラゴンGPでのマルケスとペドロサの接触について »

マルケスとペドロサの接触事故に対するクラッチローとロレンソの意見

どうしたってこの記事を思い出してしまうわけですが、マルケスがペドロサに接触してトラクションコントロールのリアタイヤスピードセンサーのケーブルをぶっちぎった結果、ペドロサがハイサイドで転倒したアラゴンGPでの事故に対するクラッチローとロレンソのコメントをMCNより。
============
クラッチロー:「別に問題はないと思いますよ。マルクもコントロールを失っていたわけじゃない。確かに大きくはらんでコースアウトしたけど、コースに戻って勝ったんですからね。勝ち方はフェアだったし、それにダニがブレーキを早くかけすぎたとも言えますし。こういう信じられないことは起こるものだし、もしマルクに同じことが起こっても文句は言わないでしょう。センサーが壊れてクラッシュした。それがポイントですね。彼はダニをぶっ倒したわけじゃないんですよ。みんな抜き合いをしてるんだし、ミスをすればはらんでしまう。ダニや他のライダーがこれまでミスをしなかったとでも言うんですか?マルクは最速で、だから勝ったんです。悪いことは何もしていない」

ロレンソ
:「今年の走りを見ると、本当にマルクは信じられない結果を出してますよね。ルーキーなのにたくさん勝ってるし、ポールもたくさん獲っている。速さも才能も存分に発揮してると思います。それに走りもアグレッシブで、常にリスクを負って走っている。10回もクラッシュして自分を危険にさらしてるけど、彼が抜きにかかるときは僕らのことも危険にさらしているんです。今日の事故はまだ見ていないけど、ヘレスの後にこういうことは必ずまた起こるって言いましたよね。250の時は僕もすごくアグレッシブだったしMotoGPの初年度もそうだった。今はマルクがそういう走りをしています。こういうことは一回じゃ済まないでしょう。(マルケスが一線を越えているかと問われて、一瞬口ごもった後)僕が何か言っても何も変わりませんからね。ヘレスで僕の意見は言っていますけど、今日のことについては何も言えませんね。今は彼の方が僕より速くて、だからとにかく彼を上回るようにがんばるだけですよ」
============
ちなみに私は今回はマルケスは悪くないと思ってます。接触自体は軽いもので、レーシングアクシデントの範疇だったと思うからです。

|

« 公式リリース>アラゴンGP2013 | トップページ | 誰を責めるべきか:アラゴンGPでのマルケスとペドロサの接触について »

コメント

クラッチローの意見を支持します。
ところでクラッチローって、シルバーストーンでマルケスの黄旗無視による転倒で、ものすごく危ない目にあっているのに意外と冷静なコメントするのには驚きました。
ドゥカティ行っても頑張れ!

ロレンソのコメントにはがっかりです。
ヘレスでの接触は、ロレンソ自身が2位だったらインに飛び込まないということでよいのでしょうか。
あと「彼が抜きにかかるときは僕らのことも危険にさらしているんです。」って、今回のアラゴンではきれいに抜かれてるのでは???
フロントタイヤを温存させたマルケスの勝利なのでは?

2012年のSBK Rd.5 ドニントン・パーク レース2のジョナサン・レイのレオン・ハスラムに対する衝突はアウトだと思います。
ハスラムの転倒の影響でメランドリまで転倒させても優勝です。モトクロスじゃないんだから…。

投稿: mac | 2013/10/01 19:02

>macさん
 ロレンソはまあその前がありますからねえ。それに彼はわりときれいな抜き方をするんで、ああいう発言になったんでしょうね。

投稿: とみなが | 2013/10/01 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/58296585

この記事へのトラックバック一覧です: マルケスとペドロサの接触事故に対するクラッチローとロレンソの意見:

« 公式リリース>アラゴンGP2013 | トップページ | 誰を責めるべきか:アラゴンGPでのマルケスとペドロサの接触について »