« マルケス、ロレンソ、ペドロサが肩の怪我について語る。 | トップページ | タンクの進化 »

アプリリアがチーム・アスパーをつなぎとめる

多くのチームが市販RC213Vやヤマハのエンジンリースに興味を示す中、アスパーはアプリリアで行くと決めた様子。MCNより。
============
アプリリアは2014年に劇的な作り替えをすることを約束してCRTトップチームのアスパーをつなぎとめることに成功したようだ。

来シーズンアプリリアでいくかホンダの新型RCV1000R市販マシンにするか迷っていたアスパーであるが、来シーズンのアプリリアの計画を聞いて、結局アプリリアにすることにしたとのことである。

新型エンジンはニューマチックバルブとなり、フレーム・空力も一新し、シームレスギアボックスも導入されるとのことだそうだ。

アスパーのボス、ジーノ・ボルソイはMCNにこう語った。「アプリリアは完全な新型を作ることを決めたんです。今シーズンの終盤には新型カウルが手に入るでしょうし、ことによったら新型シームレスギアボックスもくるかもしれません。既にスタンダードバイクで試していて好結果が出ているようですね。もちろん実戦投入までにはテストを繰り返さなければなりません。何か問題が出て1戦を棒に振るのはばかみたいですからね」

新型ニューマチックバルブは2013年に投入されることはなさそうだ。ボルソイはこうも言っている。「エンジンがいつできるのかはわかりません。来シーズンに間に合えばいいとは思っていますが、確実なことは言えないんです。技術的な問題の有無によりますね。今月末までにテストベンチに載せられて良い結果が出れば来シーズンには間に合うでしょうけど」

ホンダの市販レーサーではない選択をしたことについてはボルソイはこう言った。「いまアプリリアといい関係ができていて、データも蓄積できていますし、マシンを改善するために一緒にがんばっているんです。だからアプリリアも我々が何を求めているかがわかっている。つまり来年もメーカーと協働したいんです。だからホンダを走らせないんですよ」
============
来年はホンダ、ヤマハ、ドゥカティ、アプリリアの実質4ワークス体制ってことですかね。ちょっと楽しみ。

|

« マルケス、ロレンソ、ペドロサが肩の怪我について語る。 | トップページ | タンクの進化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/58134518

この記事へのトラックバック一覧です: アプリリアがチーム・アスパーをつなぎとめる:

« マルケス、ロレンソ、ペドロサが肩の怪我について語る。 | トップページ | タンクの進化 »