« 誰を責めるべきか:アラゴンGPでのマルケスとペドロサの接触について | トップページ | ペドロサ-マルケスの接触事故@アラゴンGPに関するチームの見解 »

ペドロサがスペインメディアに語る:アラゴンでのマルケスとの接触について

ペドロサはこんなことを言っています。Autosport.comより発言部分のみ抜粋。
============
「マルクは前にライダーがいるといつも限界ぎりぎりで攻めてくるんです。
 今回もいつもと同じで、彼は僕に後ろからぶつかりそうになって、結局接触してトラクションコントロールのセンサーを壊してしまった。それで僕はふっとばされたんですよ。
 そのおかげでレースが終わってしまった。まあ終わったことだし僕が今何を言っても関係ないんですけどね。こんな日には勝者のことしかみんな気にしないけど、レースコントロールはちょっと最近の接触事故に関して軽く扱いすぎなんじゃないでしょうか。
 僕みたいな経験のあるライダーは経験のないライダーを冷静にさせようと努力しているんですけど、今回もいつも通り無視ですよね。
 ホルヘとか僕みたいにこうした事態を警告してきたライダーはみんな限界を超えたレースをしても問題がない走り方を知っているんです」
============
だんだん気弱な愚痴になっているのが心配・・・。

|

« 誰を責めるべきか:アラゴンGPでのマルケスとペドロサの接触について | トップページ | ペドロサ-マルケスの接触事故@アラゴンGPに関するチームの見解 »

コメント

ダニは、ラリーに転向した方がよいのでは?
スペインには、カルロス・サインツという偉大なドライバーがいたのだから。

今回の接触をマルケスが原因と思うのであれば、バトルを伴なうモータースポーツは無理でしょう。

投稿: mac | 2013/10/01 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/58297571

この記事へのトラックバック一覧です: ペドロサがスペインメディアに語る:アラゴンでのマルケスとの接触について:

« 誰を責めるべきか:アラゴンGPでのマルケスとペドロサの接触について | トップページ | ペドロサ-マルケスの接触事故@アラゴンGPに関するチームの見解 »