« 2位に慣れちゃうってことがなければいいけど | トップページ | ミサノテストでトップタイムのマルケスのマシンは統一電子制御ハードウェアとのこと »

ロッシが来シーズンMoto3チームのオーナーに

SuperbikePlanetより。
============
世界チャンピオンのヴァレンティーノ・ロッシが来シーズン2台体制でMoto3に参戦するとの報道が金曜にドイツであった。ライダーはいずれもイタリア人で、一人はロマーノ・フェナティ、そしてもう一人はロッシの異父兄弟であるルカ・マリーニとのことだ。

報道によればすでにKTMから2台のマシンを提供するとの申し出を受けており、150万から200万ユーロ(邦貨換算2〜2億7千万円)の契約をスポンサーとの交渉中とのことである。この額もロッシのネームバリューを考慮すればさほどの金額ではないだろう。

ロッシは2014年もヤマハとの契約が残っているが、新チーム結成やイタリアの新たな才能発掘のための「46ライディングアカデミー」の活動を見れば、ロッシが引退後の生活設計をしっかり描いていることがわかるだろう。ロッシは来年の2月には35歳になり、2014年にはGP参戦19年目を迎える。そろそろ店じまいを考える時でもあろう。

「46ライディングアカデミー」からはフェナティ、マリーニの他、ニッコロ・アントネッリも輩出している。ロッシはスペインの世界支配に一矢報いようとしているのだ。

ロッシは戦ゲルのインディアナポリス、そして今週のミサノでも、来年のMoto3参戦を否定しているが、ドイツメディアによれば既にロッシはIRTAと話を進めており、KTMに2台を予約しているとのことだ。
============
まあ、しっかりしてますなあ。

|

« 2位に慣れちゃうってことがなければいいけど | トップページ | ミサノテストでトップタイムのマルケスのマシンは統一電子制御ハードウェアとのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/58214506

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシが来シーズンMoto3チームのオーナーに:

« 2位に慣れちゃうってことがなければいいけど | トップページ | ミサノテストでトップタイムのマルケスのマシンは統一電子制御ハードウェアとのこと »