« 忘れられない7月:ケヴィン・シュワンツのコラム | トップページ | 公式プレビュー>インディアナポリスGP2013 »

初年度はWSBKも考えたんだ、とクラッチロー

苦労続きでWSBKに行っちゃうことも考えたんだそうです。CRASH.netより。
============
2013年の前半戦を表彰台4回に加えてポールも獲得するという素晴らしい成績をおさめたクラッチローは、先日2014年にドゥカティに移籍することを発表した。

現在はサテライトのテック3に在籍しているとは言え、既に有力ライダーの仲間入りを果たしている彼についてはロレンソを始め多くの関係者が今シーズン中の優勝を予測している。

この1年半で大きく成長したクラッチローであるが、まだ実力が未知数だった2011年にはMotoGPからWSBKへの移籍を考えていたとのことである。

ルーキーシーズンは自分でもMotoGPが正しい選択だったのかを疑っていたと彼がCRASH.netに語ったのは今年初めのことだ。

「正直言って初年度はねえ・・・。スーパーバイクに戻ることを真剣に考えていたんですよ。あの時スーパーバイクに誘われていたら戻っていたでしょうね。
 学ばなきゃならないことがありすぎて、しかも学ぼうとしてかなり無理もしてたんです。走ったことのないコースは10か所もあったし、常に勝利を期待されていたのに勝てませんでした。
 大したことないと思ってたライダーと争う始末で、でも彼らは大したライダーだったんですよ。僕が考えられないくらい才能があるライダーたちだった。彼らが良いライダーじゃないって言ってるんじゃないんです。単に後ろで走ってるというだけだったんですけど。
 MotoGPに参戦して初めて彼らの凄さがわかって、本当にショックを受けました」

MotoGPプロトタイプマシンにどうやって適応していったのかについても語ってくれた。

「何か特別な方法があったというより、慣れですね。自分でもスピードはあったと思いますし、1周だけなら速いこともあった。でもレースを通しての速さがなjかったんです。でも今は前よりはレース全体を通じて速くなってると思いますよ」

今週末のインディアナポリスでMotoGPシーズンが再開される。クラッチローは現在5位で、彼に続くサテライトライダーのステファン・ブラドルに32ポイント差をつけている。
============
来年同じことを考えるんじゃなきゃいいんですが・・・。

|

« 忘れられない7月:ケヴィン・シュワンツのコラム | トップページ | 公式プレビュー>インディアナポリスGP2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/57979121

この記事へのトラックバック一覧です: 初年度はWSBKも考えたんだ、とクラッチロー:

« 忘れられない7月:ケヴィン・シュワンツのコラム | トップページ | 公式プレビュー>インディアナポリスGP2013 »