« こーのf**kin野郎ならラグナでも勝てるんじゃないの、とロッシ | トップページ | ニッキー・ヘイデン、2014年はワークスマシンには乗れないとのこと »

フォーワードレーシングがヤマハとエンジンリース契約を締結か

コーリン・エドワーズとクラウディオ・コルティを擁してMotoGPに参戦中のフォーワードレーシングがヤマハとエンジンリース契約を締結したのではというニュースですが・・・。MCNより。
============
イタリアに拠点を置くフォーワードレーシングが2014年に向けてヤマハのYZR-M1エンジンのリース契約目前にきているようだ。

ヤマハへの最終オーダー締め切りは7/15(月)であるが、来年のパッケージについて長い間熟慮を重ねた末、オーナーのジョヴァンニ・クザーリはYZR-M1エンジンを2名分リースすることに決めたのである。

メーカーによる比較的安上がりなパッケージ提供計画のひとつとしてヤマハは2014年シーズンに4名分のエンジンリースを予定している。

エンジンはカル・クラッチローとブラッドリー・スミスがテック3で走らせている仕様に極めて似通ったものであるが、24Lの燃料(訳注:プロトタイプは21L)とマニエッティ・マレリの統一ECUハード/ソフトを使用する予定だ。

今のところ契約目前まで来ているのはフォーワードレーシングのみであるが、まだフレームについてははっきりしたことは決まっていない。

今シーズン、チームはカワサキZX-10Rのエンジンとイギリス製FTRフレームを使用して、コーリン・エドワーズとクラウディオ・コルティを走らせている。

日本のエンジンチューナーであるアキラ(訳注:誰?)の手になるニューマチックバルブエンジンを夏休み期間にテストする予定であり、これも視野に入ってはいるようだが、クザーリによればホンダのRC213V市販レーサーの購入も検討したようだ。先週のドイツGP中に彼はMCNにこう語っている。「ヤマハが私たちにとっては一番コストがかかるんですが、エンジニア付きでテック3仕様のエンジンが手に入るなら高くついても真剣に検討するに値しますね。
 簡単なのはカワサキです。8月にニューマチックバルブの新型エンジンをテストすると約束してくれましたから。もし時間が充分あるなら待って、カワサキをテストしてから決められるんですが。このエンジンを作るアキラはWSBKのトム・サイクスのエンジンも手がけてるんです。でもヤマハにすればワークス、テック3に次ぐ第3の勢力になれるんですよ。
 ホンダの話もいい話ですが、既にグレシーニとLCRにワークスマシンを供給してるんで、余力は2台分程度でしょう。ですからホンダになると7番目か8番目のチームになってしまう。だとするとホンダからの援助はあまり期待できないと考えています」

2014年に誰がフォーワードレーシングで走るかははっきりしていないが、MCNの取材によればブラッドリー・スミスの名前が挙がっている。

ある意味ヤマハは地雷原にはまっていて、2014年にポル・エスパルガロをテック3で走らせるという契約をしている他、クラッチローもヤマハと契約交渉をしているが、ヤマハが2015年のワークス契約を保証しないせいでクラッチローはヤマハを出て行こうとしている。スミスはテック3と2014年までの契約があるが、もしクラッチローがヤマハに残ればスミスが押し出されることになるだろう。

クザーリは誰がヤマハに残るかについて明言は避けたが、こう言っている。「もし可能であればクラウディオとコーリンを残したいですが、ヤマハにせよホンダにせよ、どちらかを選べば必ず一人はメーカーの希望するライダーを走らせなければならないでしょう。つまり最低でも一人分の枠はそのために確保しなければならないということです。(スミスがその一人になるかという質問に対して)その一人が誰になるかはわかっていますが、今は言えません。テック3は2台分の枠に3人のライダーを抱えてるってことはご存じの通りです。
 もしクラッチローがヤマハに残らないならブラッドリーとポル・エスパルガロで決まりですけどね」

クザーリはドイツでスコット・レディングと契約した模様である。

レディングは2014年はグレシーニでRC213Vに乗るという噂があったが、マルクVDSチームのボスであるミカエル・バルトレミーによれば今になってこの有望なイギリス人にアプローチがあったとのことである。
バルトレミーはフォーワードレーシングの名前は出さなかったものの、彼自身ヤマハとエンジンリース契約(フレームはカレックス)について長いこと話し合いを続けている。

バルトレミーは言う。「今のところヤマハとの交渉はうまくいっていますが、他のチームからアプローチがあったのは今朝(日曜)が初めてでした。そのチームはヤマハと交渉していてスコットに興味があるとのことでしたね。ですから提案を持ってくるように言ってあります」
============
観賞のポイントはスミスがはじき出される可能性に言及しているところですな。クラッチローのテック3残留+ワークスマシンというのもあるかも。

|

« こーのf**kin野郎ならラグナでも勝てるんじゃないの、とロッシ | トップページ | ニッキー・ヘイデン、2014年はワークスマシンには乗れないとのこと »

コメント

「アキラ」は個人名じゃなくてフランスのAkira technologiesの事でしょうね。
Akiraとしてはフォワードはおいしいお客なので、なるべく手放したくない、
みたいな感じなんでしょう。
個人的にはニューマチックへの換装だけでそんなに劇的な効果があるかと言うと
ちょっと・・・とは思いますが。

投稿: nobody | 2013/07/17 13:30

>nobodyさん
 をを、情報ありがとうございます!そんな会社があるんですね。

投稿: とみなが | 2013/07/17 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/57805397

この記事へのトラックバック一覧です: フォーワードレーシングがヤマハとエンジンリース契約を締結か:

« こーのf**kin野郎ならラグナでも勝てるんじゃないの、とロッシ | トップページ | ニッキー・ヘイデン、2014年はワークスマシンには乗れないとのこと »