« 鈴鹿8耐観戦会がないことのお知らせ | トップページ | 鈴鹿8耐、同乗者募集(ただし、やや不便な条件) »

市販RC213Vの1台は中上に決まっている説をホンダが否定

そんな噂があることも知らなかったわけですが・・・。MCNより。
============
ホンダは2013年終わりにリリースされる市販レーサー、RC213Vの内1台の行き先が日本のMoto2ライダー中上貴晶に決まっているという噂を否定した。

HRCはMotoGPクラスに日本の才能ある若手を入れたがっているわけであるが、出光ホンダアジアチームが1億2千万円すると言われるRC213Vで21歳の中上を走らせる契約をしたとの噂がカタルニアGPで流れていた。

元レプソルホンダのライダーでありHRCとも強い繋がりを持つ岡田忠之が運営するこのチームはアジア人の若手ライダーを走らせることを目的に2013年に設立されたものである。
チームは現在Moto2で高橋裕紀を走らせているが、HRCのボスであるリヴィオ・スッポは、カタールで3位に入った中上が来シーズンRC213Vを走らせるという噂について否定のコメントを出した。

スッポは以下のようにMCNに語っている。
「現時点では何も決まっていません。ホンダとタディの間には強い繋がりがあるのは確かですが、現時点では何の計画もありません。日本人の若手を入れるという観点や有望な若手を育てるという観点からは中上は興味深い存在ですが、Moto2の方が人材育成には向いていると思います。中上は良い仕事をしてますけど、まだまだ成長するには時間が必要ですよ」
============
個人的にはスプリングバルブの市販RC213Vに中上のような有望な若手を乗せるのはNSR500Vのことを思うとちょっとねえ、と思ってますんで、まあいいんじゃないでしょうか。

|

« 鈴鹿8耐観戦会がないことのお知らせ | トップページ | 鈴鹿8耐、同乗者募集(ただし、やや不便な条件) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/57659107

この記事へのトラックバック一覧です: 市販RC213Vの1台は中上に決まっている説をホンダが否定:

« 鈴鹿8耐観戦会がないことのお知らせ | トップページ | 鈴鹿8耐、同乗者募集(ただし、やや不便な条件) »