« ロッシはまだYZR-M1に慣れていない | トップページ | 公式プレビュー>フランスGP2013 »

ウェイン・レイニーの心温まらないエピソード

穏やかな外見ですが、なかなか熱いハートをもったウェイン・レイニーの監督時代のエピソードです。SuperBikePlanetより。
============
あれは1994年5月のヘレスでのスペインGPのことだった。世界チャンピオン、ウェイン・レイニーは前年のミサノの事故で下半身が麻痺し引退。しかし彼はチームオーナーとして戻ってきたのだ。友人や家族や彼のマネジャーは新しい状況にゆっくり慣れていくようにアドバイスしたにもかかわらず、自分の目で状況を把握したいからと事故から8か月しか経っていないのにアメリカからいくつものGPに出かけていった。

レイニーは自分のモーターホームの外でファンにサインをしたりチームクルーと話をしたりと、サーキットに戻ってこられたのを楽しんでいるようだった。私は彼にインタビューの申し込みをしていて、彼がモーターホームに戻るのを待ちながら周りをうろうろしていた。それに彼がモーターホームに戻るにはいささか手続きが必要だったのだ。彼はモーターホームに抱え上げてもらわなければならず、付き添いがたまたまその場にいなかったのである。そこで我々は待つことにした。

レイニーがサインしたり話をしたりしているところにスペイン人ライダーのホアン・ガリガが突然やってきた。

ガリガは元250のライダーで速いことで知られていた。250では勝ったこともあるし500でも表彰台に昇ったことがある。しかし難点は安定性に欠けることだった。1994年までに彼は250や500、ワールド・スーパーバイクを行ったり来たりしており、その時は次のシートを探していたのだ。レイニーに連絡先を伝え、代理ライダーが必要なときには呼んでもらえるようにしたいと考えていたのだろう。

ガリガはレイニーに近づき、両者は握手。短い縮れ毛のガリガは骨張った顔と筋肉質の体で、青白のストライプのTシャツが真空パックのように彼の体に張り付いていた。私たちと同じように最初の内は車いすのレイニーにどう話しかけようか迷ったようだ。話し始めは身をかがめて、話し終わりには体がまっすぐになっていたが、それは変だと思ったらしく、結局はお互いの目が見えるよう、膝をついて話すことにした。

ガリガは自分の状況をすばやく伝え、連絡先を知りたいかとレイニーに尋ねた。レイニーはあまりガリガの話が印象的でなかったようだが、それでも車いすの横にあったバッグに手を伸ばしてアドレス帳を取り出した。

レイニーはそのアドレス帳を開き、ガリガの言う電話番号を書き留めると、ペンのキャップをはめ、今書いたページをみつめた。

「おいガリガ、見てみろよ。おばあちゃん(Grandma)と同じページに連絡先を書いといたよ」とガリガ(Garriga)の連絡先の上に書かれた祖母の連絡先を指さしながらレイニーは言った。

ガリガは微笑んで立ち上がった。

レイニーはもう二度とバイクには乗れない体だったがそれでもライダー魂は消えていなかった。現役時代、ガリガは倒さなければならないライダーの一人で、グリッドにいるときの気持ちがよみがえってきたのだろうか。

「だから君はおばあちゃんのように遅かったんだな」レイニーは言いながら車いすを左に向けると去っていった。

そして残されたガリガはしょんぼりしながらその場を立ち去ったのだ。
============
ちなみに元記事のノリックと写っている写真のキャプションは「チーム監督というのはレイニーにとって最も辛い仕事のひとつであった。5位で良い結果だと思うライダーにいつもいらいらしていたのだ」
まあね、そうですけどね。

|

« ロッシはまだYZR-M1に慣れていない | トップページ | 公式プレビュー>フランスGP2013 »

コメント

自分は、ノリックは絶対に日本人初の500ccクラス・チャンピオンになる

… と、ずっと思ってた。

投稿: はげ蔵 | 2013/05/16 11:40

>はげ蔵さん
 私は思ってませんでした。でもGP見て、誰かが勝つのを見て涙を流したのは、後にも先にも鈴鹿のノリック初優勝です。

投稿: とみなが | 2013/05/16 20:54

レイニーらしいエピソードですね…さすが、原田くんに監督失格と言われるだけある…

日本人初の最高峰チャンプは原田くんか岡田さんだと僕は思っていました…

2人の引退の後は中野くんにかけていたのですが…

ロッシやカピロッシ、ペドロサなんかは125から上がってきたわけで、今思うと、坂田さんや上田さんが500に乗るチャンスがあったら活躍できたかもとも思います。

90年代は夢のような時代でした…

投稿: エディー大好き | 2013/05/17 13:44

>エディー大好きさん
 結局彼は心の底からライダーだったんですね。
 私が日本初の最高峰チャンプになるかもって思ったのは誰かなあ・・・。大治郎には期待してましたけどね。あとは中上の走りはMotoGP向きかもと思わないでもないので、今年好成績を修めて、来年はMotoGPに上がってほしいです。

投稿: とみなが | 2013/05/18 19:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/57390539

この記事へのトラックバック一覧です: ウェイン・レイニーの心温まらないエピソード:

« ロッシはまだYZR-M1に慣れていない | トップページ | 公式プレビュー>フランスGP2013 »