« ヘレステストプレスリリース | トップページ | ドゥカティがストーナーと契約か(ただしアドバイザーとして) »

2014年からのエンジンリース契約目前:ヤマハ

さて、そのエンジンで勝てないまでも表彰台争いができるか、スポンサーを喜ばせられるかというのが問題ですね。
MCNより。
============
2014年にYZR-M1のエンジンを最大4人分供給するという契約をヤマハとドルナとの契約締結は既に最終段階に来ているとのことである。
MCNの取材によれば内容については合意ができており、チームヤマハのマネジャーであるリン・ジャーヴィスは契約発表は目前ということだ。

ヤマハの提案はより競争力のあるエンジンでグリッドを埋められるよう来年YZR-M1のエンジンを1シーズン£700,000(訳注:1,000万円1億円)程度でリースするというものだ。

一方ホンダも最大5台のRC213Vを販売しようという計画をもっている。これにヤマハのエンジンリース計画があればワークスでないチームがCRT以外の競争力のあるマシンに投資できるというものだ。

市販エンジンをプロトタイプシャーシに載せるというCRTのおかげでグリッドは埋まるには埋まったがプロトタイプマシンとのタイム差が憂慮されている状況である。

ジャービスが先週ヘレスでMCNに語ったところによれば、ヤマハはYZR-M1エンジンのリース計画の最終段階に来てはいるが、具体的なチームとの交渉はまだとのことである。

ジャーヴィスは言う。「ドルナとの間で話し合いは進んでいて、近い将来2014年の計画について合意に至ることができると考えています。チームとは具体的な話し合いはまだ全然していません。もちろんこの計画に興味があるチームがいることは噂で聞いていますし、どれくらい真剣に検討してもらえるかにプロジェクトの成否がかかっているのは言うまでもありません。そこからリース料も決まっていきますしね。
 チームと話を始めるのはドルナとの交渉が終わってからになります。現時点では本当にどのチームが候補になるかはわかっていないんです。エンジンリースでは全く儲からないんで最低でも2人分、最高は4人分というのが正直なところです。もちろんワークス2台とモンスターヤマハ・テック3の2台分は維持していきますしね」

スペックについてはまだ話せる段階にはないと言うが、カル・クラッチローとブラッドリー・スミスのテック3コンビに供給されているのと同スペックという可能性が高いだろうし、ロッシとロレンソのワークススペックではないだろう。

スペックに関してはジャーヴィスはこう言っている。「まだ決まっていませんよ。今よりもさらにバリエーションが増えるんですから。ワークス2台にテック3が2台、それに加えてエンジンリース分と3種類になるんです。エンジンがサードパーティー製フレームに載ることを考えると違ったものにはなるでしょうね。ですから全然違う考え方をしなければいけません。
 正直言うとどの程度のスペックを目指すべきかについてはまだ詳細は決まっていないんです。MotoGPのグリッドに競争力のあるマシンをそろえるという最善の結果を求めなければなりませんから、最低でもテック3用スペックに近づくようにはしなければいけませんけども」
============
エンジン1シーズン1000万円ってなんか安くないですか?1機1000万円の間違いじゃなかろうか・・・。でもフレームは自前だからそんなもんなのかしらん???

<追記>
 私の勘違いでした。やっぱ1億円だった・・・。そうだよねえ。

|

« ヘレステストプレスリリース | トップページ | ドゥカティがストーナーと契約か(ただしアドバイザーとして) »

コメント

> エンジン1シーズン1000万円ってなんか安くないですか?

桁ひとつ間違えてますよ・・・。

しかしドルナにしたら、この話にしろホンダの市販レーサーにしろ、メーカーから低コストで
良い条件を引き出したんだから成功だって言うのかもしれませんが、ARTのマシンに
かなりの投資をして来たであろうアプリリアにしてみたら、いい面の皮ですね。

一応、エンジンがリースである以上CRT枠では走れないでしょうから、
CRT枠はCRT枠で続ける気なのかもしれませんが・・・。

投稿: nobody | 2013/03/28 15:37

>nobodyさん
 ですよねえ。おかしいと思ったんですw。
 まあアプリリアも本気出して1億円エンジンを作ればもっと速いかもですね。

投稿: とみなが | 2013/03/28 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/57046554

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年からのエンジンリース契約目前:ヤマハ:

« ヘレステストプレスリリース | トップページ | ドゥカティがストーナーと契約か(ただしアドバイザーとして) »