« インドネシアのファンサイトによるロッシインタビュー | トップページ | マーク・カヴェンディッシュとトレーニングするカル・クラッチロー »

オーバルピストンをあきらめていたらVTECも実現しなかったろう

Faster & FasterにホンダNRの開発に携わったヒラノマコト氏(←どなたか漢字プリーズ!)のインタビューが載っていました。GPネタではないですが(いや、やっぱGPネタか)興味深いので訳出。
============
ホンダが300台限定でNRを世に出したのは1992年のことだ。もう20年以上までのことになるが、我々にとってはいまだにこれまでに作られたバイクの中で最も魅力的なマシンでいつづけている。その魅力のひとつはもちろんオーバルピストンである。750ccエンジンには気筒当たり8本のバルブが収められ、ピストンには2本のコンロッドがつながっている。まるでV8エンジンのようである。正直に言うとそれがどう機能しているかは正確にはわからないが、実際に機能するわけでホンダが市販車としてこれを世に出してたことと合わせてまるで奇跡のように思える。1992年当時の価格は50,000ドル。14000回転で125馬力というスペックは今日の750ccスポーツバイクと比べると大したことのない数字ではあるがそんなことは問題ではない。

「今振り返ってみると、最先端技術の実験を行っていたのか、それとも馬鹿なアイディアに囚われ続けていたのかよくわかりませんね」ヨシムラトシミツ(←漢字プリーズ!)はインスパイアマガジン(訳注:LCRのWeb広報誌)に語っている。「そのエンジンで儲かるかとか、実用的かとかいうことは全く考えてなかったんです。そいういうことで悩むことはなかったですよ。とにかく実現したい一心だったんで。新たなものを創造するときにはそれに心血を注がなければいけません。オーバルピストンの開発でそれがよくわかりました。他の若い技術者も同じでしょう」ヨシムラトシミツはNRのオーバルピストンエンジンの開発者の一人である。

彼の仕事はヒラノマコトに受け継がれた。ヒラノはホンダのエンジニアリングと生産に携わる開発技術者である。ヒラノはこう語った。「オーバルピストンの開発はレース現場から始まりました。1970年台のことです。世界中で公害についての関心が高まっていた頃ですね。それでホンダは4ストのレーシングマシンを作ることで環境負荷の少ないエンジンにトライしようとしたんです。当時他のメーカーは2ストを作ってたんですが。
 オーバルピストンの元々のアイディアは4気筒エンジンのピストンによる抵抗を減らそうというところからはじまっているんです。4ストでものすごいショートストロークなエンジンを作ろうとしていた。そこで1気筒が2気筒に相当するようなエンジンを作ったんです。既に4気筒という制限はあったので、そのレギュレーションに合致するような8気筒エンジンを作ったということですね。オーバルピストンのピストンリングを作ってくれるような外注業者もいませんでしたね。外注さんはみんな『オーバルピストンなんて主流になるわけがないし、そもそもそのための機械ももってない』と言ったんです。でも強くお願いし続けたんですよ。
 その時期に偶然VTEC(可変バルブタイミング・可変バルブリフトの電子制御)も開発されたんです。オーバルピストンの開発の過程で4バルブを8バルブにしようとしていたときのことです。エンジンの始動特性が悪くなるんで燃焼を良くして、同時に低中回転域での馬力も改善しようとしていたんですが、そこでたまたまテストエンジニアがVTECを思いついて、これがCBR400(訳注史上初のVTEC車。当時はREVと呼ばれていました)につながったんです。もしホンダがオーバルピストンをあきらめていたらVTECもなかったでしょうね。
 ホンダのオーバルピストンは真円ピストンに比べて高いパフォーマンスを発揮しました。それでレースのレギュレーションでは禁止されているんです。最初はF1で、次いでMotoGPでも禁止されました。ですからホンダはオーバルピストンの技術を使えないし、市販車にも反映できないんです。でもホンダでしか実現できなかった技術だとは断言できますね。ホンダの高い技術をオーバルピストンが世界中に証明しているんです。一時代を画す技術でしたね」
============
元ネタは2012年8月号のインスパイアマガジン。基本的な内容はFaster & Fasterによる引用の通りですが、なかなか興味深い記事となっています。美麗写真付きなので必見。何度も言うけどこれが只ってルーチョの才覚は素晴らしいですね。ショパールの広告とか普通バイク雑誌には入らんだろう・・・。

|

« インドネシアのファンサイトによるロッシインタビュー | トップページ | マーク・カヴェンディッシュとトレーニングするカル・クラッチロー »

コメント

NRといえば、山海堂刊の
"ホンダNRヒストリー"ですね。
ワタシの蔵書はどこかへ消えちゃって、
今、手元にあるのは月刊オートバイ
別冊の要約冊子的な"NRの挑戦"ですが、
これでも十分に楽しめます。
ワタシがHRC内で見たVTターボとかも
出てますし。
(もう時効ですよね、書いちゃっても)

投稿: KEI | 2013/02/04 21:40

>KEIさん
 VTターボ!実車見てみたいなあ。市販すればよかったのに。

投稿: とみなが | 2013/02/06 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/56688720

この記事へのトラックバック一覧です: オーバルピストンをあきらめていたらVTECも実現しなかったろう:

« インドネシアのファンサイトによるロッシインタビュー | トップページ | マーク・カヴェンディッシュとトレーニングするカル・クラッチロー »