« ここんとこ更新がないのは | トップページ | ストーナーV8シリーズに参戦決定 »

MotoGPに戻る可能性もなくはないけど今はない、とストーナー

元記事の原題は「Stoner leaves door ajar to MotoGP return(MotoGPへのドアは半開きのままキープ」)」ですが、記事の内容は拙訳の通り。CRASH.netより。
============
ケイシー・ストーナーがいつかMotoGPに復帰する可能性はゼロではないと言っている。もっとも彼は2013年は4輪に乗ることが決まっているのだが。

ストー−ナーは2012年シーズンでMotoGPを引退したのだが、来年はV8スーパーカーシリーズに参戦することを公式に認めている。レッドブルがスポンサーとなっているホールデン・コモドア(訳注:車の名前です。ホールデンはGMの傘下のオーストラリアメーカー)でV8ディベロップメントシリーズに参戦する契約を交わしたのだ。

昨年5月、ルマンで行われたフランスGP前の記者会見でストーナーはMotoGPには情熱を失ったから引退すると表明していた。

サンデー・テレグラフ紙のインタビューでV8への転向を表明したストーナーは何故2輪レース界から身を引くことを決意したのかを語ると共に、現時点ではありえないとしながらも将来的にカムバックする可能性も捨ててはいないと語っている。

「怪我でリタイヤしたわけでもないし何か新しいことがしたいから引退したわけではないんです。家族のためでもない。2輪レースへの愛がなくなったんです。周りの人から尊敬もされなくなったし、レース界が進む方向にもうんざりしたんですよ。
 レースファンからはすごく批判を受けましたし、モーターホームからピットに向かうスクーターをキリ飛ばそうとしたりされました。悲しいことに僕が正直なのが悪かったみたいですね。それが引退の一つの理由です。でももっと大きいのはレース界が向かっている方向ですね。
 2年前に一人のライダーが亡くなりました(マルコ・シモンチェリのこと)。でも一月もすると何事もなかったかのようになってしまう。やつらは僕らの当たり合いを見たいだけで、僕らの命なんかどうでもいいと思ってるんです。まるで操り人形ですよ。僕らがレース界を動かすことなんてできやしないんです。
 だから今は戻る気は全然ありませんよ。まあ僕が興味を持てそうな方向に大きく変わっていけば別ですけどね。可能性はなんにでもありますから。でも今の状態を見る限り、可能性はゼロですね」
============
でもShow Must Go On なんです。まあ戻ってくることはないでしょうねえ。

ゲホゲホ(←まだ風邪が治らない)

|

« ここんとこ更新がないのは | トップページ | ストーナーV8シリーズに参戦決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/56637249

この記事へのトラックバック一覧です: MotoGPに戻る可能性もなくはないけど今はない、とストーナー:

« ここんとこ更新がないのは | トップページ | ストーナーV8シリーズに参戦決定 »