« 2013年のMotoGPカレンダー | トップページ | 大丈夫なのドゥカティ? »

チーム・グレシーニのCRTはブライアン・スターリングに

誰それ?って感じですが、とりあえずCRASH.netより。
============
ブライアン・スターリングが2013年のMotoGPクラスをGo&Funホンダ・グレシーニチームのCRTマシンで走ることになった。

彼は25歳のオーストラリア人で、オーストラリア選手権では125cc、スーパースポーツ、スーパーバイクの3クラスでチャンピオンを獲っている。

2012年はFIMスーパーストック1000シリーズでペデルチーニ・カワサキに乗り、アラゴン、ブルノ、ポルティマオで勝利を挙げてランキング4位となっている。

また、スターリングは地元フィリップアイランドではワールド・スーパーバイクのワイルドカートとして走っている。彼はゴールドコーストに住んでおりWSBKの伝説的なライダーでMotoGPでも勝ったことのあるトロイ・ベイリスとよくトレーニングを行っているようだ。

スターリングは言う。「これまでレースをしてきましたけどMotoGPで走るなんて思ってもみませんでした。僕には届かない夢だと思っていたんです。Go&Funホンダ・グレシーニで走る機会をもらえるなんて信じられないですよ。
 これは人生最大の挑戦になるでしょうけど今まで通りがんばるだけです。すべてを注ぎ込まないとね。学ばなければならないことはたくさんあるのはわかっていますけど、早くすべてを吸収したいと思ってます。
 僕に走る場を与えてくれたファウスト・グレシーニとチームスポンサーには本当に感謝しています。マシンに乗ってピットから出るのが待ち遠しいですよ」

スターリングは難しいコンディションとなったヴァレンシアで5位に入りCRT勢でのランキングは3番手となったミケーレ・ピッロの後釜に座ることとなる。

一方ピッロはドゥカティのテストライダーとなった。

スターリングのチームメイトはグレシーニのホンダRC213Vが2年目となるアルヴァロ・バウティスタである。

グレシーニは言う。「ブライアン・スターリングが来シーズン私のGo&Funホンダ・グレシーニでMotoGPクラスを走ることになりました。この若いオーストラリア人ライダーによって私たちのCRTプロジェクトが前進することを信じています。2012年の最終戦ヴァレンシアでいい成績を残したこともありますしね。
 ブライアンは今シーズンのスーパーストック1000では3勝を挙げていますからFTR-ホンダでの私たちの目標達成に力を貸してくれるはずです。彼がサーキットで私たちと一緒にがんばってくれるのが待ち遠しいですね。きっといい成績をあげますよ」

ケイシー・ストーナーが引退してもスターリングが参戦することでオーストラリア人が再びフル参戦することになる。

またグレシーニはMotoGP及びMoto3のライダーは発表しているが、Moto2についてはまだ発表がない。
============
清成は残念でしたねえ。ということはホンダの2014年市販プロトタイプ計画も流れたってことでしょうか・・・。

|

« 2013年のMotoGPカレンダー | トップページ | 大丈夫なのドゥカティ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/56204179

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・グレシーニのCRTはブライアン・スターリングに:

« 2013年のMotoGPカレンダー | トップページ | 大丈夫なのドゥカティ? »