« 公式プレビュー>マレーシアGP | トップページ | フィリップアイランド観戦会のお知らせ »

中本修平HRC副社長へのインタビュー

GPoneより、統一ECUを導入するなら撤退すると脅しているホンダですが、その当事者であるHRCの中本副社長へのインタビューです。
============
GPの将来をかけたホンダとドルナの腕相撲はまだまだ続いているようだ。しかしWSBKとMotoGPの両方の興行権を得たことでドルナが優位になっているかもしれない。マニエッティ・マレリの電子制御ユニット(ECU)が全チームで使えるようになるというルール改定をはじめとした最近の動きを見ると統一ECUへの道が拓かれたようではあるが、ホンダはこれに抵抗している。中本修平HRC副社長がこの見解を説明している。

Q:何が起こっているのか教えて下さい。ドルナが2014年に導入しようとしている統一ECUと回転数制限に反対しているようですが。
中本:まず言っておかなければならないんですけど、カルメロ(エスペレータ)との関係はすごくいいんですよ。噂は噂に過ぎないんです。CRTがマニエッティ・マレリを使えるようにってのは私のアイディアなんです。プロトタイプとCRTの差を縮めるには必要でしょう。それに2014年に統一ECUを導入するなんてアナウンスもないですしね。2013年についてはマレリのECUをCRTが使わなければならないということもない。使いたければ使うということなんです。
Q:でも、もし統一ECUが2014年に導入されたらホンダはMotoGPを撤退してスーパーバイクに行くという話が広まっています。さらにブリッジポイントがMotoGPとWSBKの興行権を持っているということはホンダの行き場がなくなるということではないかという話もあります。
中本:先ほど言ったようにそういうことにはならないでしょう。2014年に統一ECUを導入するってこと自体がないでしょうから。ドルナとの間に2012-2016年の5年間の契約があるんです。かなり詳細な部分に入り込んでいる契約なんですが、その契約に基づけば、我々の同意がなければドルナは何もできないんです。

Q:統一ECUに反対しているのは独自のECUで蓄積した燃費データが使えなくなるからだと聞いたんですが。
中本:統一ECUに歓待している理由はドルナがの目指すところとは異なりコストを削減することにならないからです。違うECUを使うってのはマイクロソフトを何年も使っているのにマッキントッシュに移行するようなもんなんですよ。すべてを変更しなければならない。データが全部変わってしまうんですが、そのデータが正しいかどうかいちいちチェックしなければならないんです。エクセルのシートも役に立たなくなってしまいますね。これをリカバーするのに多大なマンパワーがかかります。つまりコストの削減には役立たないってことなんです。

Q:でも噂は相当広まっていますよ。MotoGPをやめてF1に復帰するという話もあるくらいで。
中本:それは100%嘘ですね!そんなことは言ったこともないし、そんなことを決める権限もないです。

Q:ホンダの伊東孝紳社長がスーパースポーツについて発表しましたが、これはどんな話なんでしょうか。
中本:公道用スーパースポーツのことですね。まだ計画に過ぎませんが。

Q:MotoGP用の市販バイクを作るという計画はまだなくなっていないんですか。
中本:現段階では計画が止まっています。カルメロは作ってほしいようですが、ホンダの幹部からのゴーサインが必要なんです。

Q:でも2014年に発売したいと言ってますよね。あまり時間がありませんが。
中本;ゴーサインができればなんとかしますよ。

Q:ミサノで何が起こったのか教えていただけますか。
中本:あれはひどいオーガナイズでしたね。ルールブックにはイエローライトが点灯したら1分後にリスタートになるんですが、ドゥカティのメカニックがコースに戻ってきてタイヤウォーマーをつけようとしたんです。1分ディレイのサインが出たときにタイヤウォーマーをつけていたのはダニだけじゃなかったんです。だからカルメロはダニに謝りましたよ。ペナルティを科すべきじゃなかったってね。

Q:でもリザルトはそのままなんですね。
中本:そうなんですよ。でもダニはもう来るべきレースに集中してますよ。

Q:ミサノのレースの後にダニはミーティングを開いて、絶対にあきらめないと言ったとか。
中本:その通りです。ダニがその手のミーティングをしたのは初めてですね。今年の彼は違いますよ。インディで勝ってかなり自信をつけたんです。

Q:RC213Vが相当良くなったのと言うのもありますか。
中本:はい。今うちのマシンはヤマハと比べてブレーキングとコーナー脱出加速で勝っているんです。コーナリングでの安定性はヤマハの方がいいですけど、差は小さいですね。

Q:どうしてミサノではタイヤウォーマーがはずれなかったんですか。
中本:まだわかっていないんです。いろいろ調べたんですがまだ原因が判明してないんです。ブレーキディスクとパッドの間になにか問題があったんだとは思うんですが。

Q:何はもてぎで勝ちましたが、残り3戦を残してまだ28ポイントの差があります。それでもチャンピオンが獲れるとお考えですか。
中本:ダニが言ってるんですが、残り3戦を1戦1戦闘っていくだけですね。レースでは何でも起こりえるし、ホルヘもまだタイトル獲得を確信しているわけではないでしょう。ケイシーはまだ完調ではないですが、フィリップアイランドでは速さを見せるでしょう。でもチームオーダーはだしませんから、チャンピオンを獲るためにはダニはケイシーを負かさなければならない。現時点ではそれでもダニは調子がいいですし、集中してますよ。ホンダのライダーが残りの3レースを全部勝つのが望ですね。

Q:来年のマルク・マルケスについてはどうでしょう。
中本:現時点ではダニ、ケイシー、ホルヘの3人が別世界を走ってますよね。来年はケイシーが引退するんで、表彰台がひとつ空くわけです。マルケスがそこに昇るのを期待してます。2013年の初戦で彼が勝つとは思っていませんが、カタールで表彰台に昇るといいですね。

さらなる詳細は: http://www.gpone.com/index.php/en/201210168560/Honda-no-spec-ECU-from-2014.html#ixzz29eJr3KSR で。
============
つまり2014年からの統一ECUはないってことですかね。

|

« 公式プレビュー>マレーシアGP | トップページ | フィリップアイランド観戦会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/55919871

この記事へのトラックバック一覧です: 中本修平HRC副社長へのインタビュー:

« 公式プレビュー>マレーシアGP | トップページ | フィリップアイランド観戦会のお知らせ »