« ストーナーの助けを借りるつもりはない、とペドロサ | トップページ | カタナのデザイナー、ハンス=ゲオルグ・カステンへのインタビュー »

ヤマハが新型3気筒を発表

いや、GPの話ではなくて市販車なんですがね。

ドイツはケルンで開かれているモーターサイクルと自転車の見本市、intermotヤマハが市販用新型3気筒を発表しました。

ヤマハと言えばGX750なんかで3気筒を作った伝統はもっているので、トライアンフやMVアグスタの3気筒に比肩するスポーツバイクを作ってくれればなかなか楽しいことになりそうです。

|

« ストーナーの助けを借りるつもりはない、とペドロサ | トップページ | カタナのデザイナー、ハンス=ゲオルグ・カステンへのインタビュー »

コメント

ちなみに引用元サイトには「クロスプレーンクランクを採用」ってあるんだけど3気筒同爆だと必然的にクロスプレーンになるんじゃないのかなあ・・・。

投稿: とみなが | 2012/10/04 23:04

クロスプレーンってはっきりした定義はないと思いますが、普通はV8で使われる言葉で、
180度オフセットされた2つのクランクピン同士を含む仮想面を考えた時、それが2面でき、
それぞれが直交することから、クロスプレーンって言われる事が多いです。
そう言う意味で言うと、3気筒がそうなる事はありません。

ただし、往復部分の質量起因の1次慣性振動をそれぞれの気筒で互いに打ち消しあう特性は、
3気筒をごく普通の240度等間隔燃焼でつくればそうなります。

ヤマハはこの3気筒を「クロスプレーンコンセプト」と言って発表してますが、どうも内容的には
後者の物のようですね。
要するに、普通に3気筒をつくりましたでは売りとして弱いので、M1と同じコンセプトですよ、
てのをくっつけたんではないでしょうか。
いや、それ逆だろって思いますけどね…。

投稿: nobody | 2012/10/05 11:46

すみません、
× 往復部分の質量起因の1次慣性振動を
○ 往復部分の質量起因の1次慣性振動によるトルク変動を
ですね。

投稿: nobody | 2012/10/05 11:51

>nobodyさん
 詳しい解説ありがとうございます!
 ということはことによったら240度ではなくて90度で不等間隔爆発もありかもしれないですね。ちょっとおもしろいかも。音とかどうなんでしょうか。

投稿: とみなが | 2012/10/05 18:43

コンロッドは3本だから90度、270度とかかなあ。

投稿: とみなが | 2012/10/05 18:46

> ということはことによったら240度ではなくて90度で不等間隔爆発もありかもしれないですね。

確かに可能性はゼロでは無いですが…かなり低いでしょうね。
直3でそれをやって、かつヤマハの言う「クロスプレーンコンセプト」を実現する為には、
恐らくクロスプレーン直4のエンジンの1つの気筒がバランサーとして機能する様な形式の
3気筒になると思いますが、普通に240度等間隔燃焼でつくれば目指す特性になるものを、
わざわざ複雑で無駄の多い構造にするのは考え難いのではないかと思います。
(少なくとも技術的な理由は無いように思います)

あともっとシンプルな根拠としては、公表されたエンジンの画像は、排気管が3in1で
各気筒とも集合部までほぼ等長に見えるので、やはり等間隔燃焼ではないか、
と言うのもあります。

とは言え、実際に発表されるまでは答えは出ませんね。答え合わせが楽しみです。

投稿: nobody | 2012/10/05 19:29

>nobodyさん
 なるなる。確かにエキパイが等長っぽいですね。
 いずれにしても楽しみですね。

投稿: とみなが | 2012/10/05 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/55805590

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハが新型3気筒を発表:

« ストーナーの助けを借りるつもりはない、とペドロサ | トップページ | カタナのデザイナー、ハンス=ゲオルグ・カステンへのインタビュー »