« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

公式リリース>アメリカGP

ホンダヤマハドゥカティ

ビデオ予約を間違って、まだレースを見ていないんですが、ロッシにとっては散々だったみたいですね。これが移籍先の決定に影響を及ぼすのかどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシ、ヤマハへの移籍の可能性を語る。

散々な結果に終わったラグナ・セカですが、ロッシがヤマハへの移籍の可能性についてMCNに語っています。
============
ヴァレンティーノロッシが2013年のヤマハファクトリー移籍についてついに語ったのは、ラグナセカでドゥカティの2年契約を断ったという噂が流れた後である。

ロッシが終生のライバルホルヘ・ロレンソのチームメイトになるために交渉をしているという噂は、翌週のインディアナポリスまでにははっきりするだろう。

2010年にロッシがヤマハを離れて以降、ドゥカティでは成功とは程遠く、9回のチャンピオンを獲得した彼にはふさわしくない成績に終わってきている。

27レースを終わってたった2回の表彰台に加えて開発の進まないデスモセディチはさすがのロッシにしても、いくらドゥカティが戦闘力のあるマシンを供給すると言ってもそれを信頼できる状況にはない。

昨日のレース後のインタビューではロッシはこう言っている。MCNがロッシに対してヤマハ復帰の可能性を尋ねたときのことだ。

MCN:「この段階になってドゥカティに残るのはキャリアに傷をつけることになりませんか?」

ロッシ:「確かにそうですね。早く来年のことを決めたいですよ。もし(アンドレア)ドヴィツィオーゾが激怒しなければね(笑)(訳注:ドヴィツィオーゾはヤマハワークス入りを熱望している)。でも同時にアウディとドゥカティの決定も待ちたいんです。ドゥカティのメンバーが誰になるかはまでわかる段階ではないんで、状況をはっきりさせるには時期尚早なんですよ。

MCN:「結局ドゥカティかヤマハかということですか?」
ロッシ:「他にも選択肢はあるんですがワークスではないです。一応選択肢には入れてますが、ワークスに留まりたい気持ちが強いですね」

MCN:「ヤマハに戻ってホルヘとまた走ることについてはいかがですか?」

ロッシ:「気持ちは変わってきてますよ。状況が変わりましたからね。前はホルヘにあんまりいい気持ちを持っていなかったのは確かです。どっちかっていうとヤマハに怒ってたんですが。ヤマハのためにやったいろんな成果がライバルと言っていいほど強いチームメートに流れてたんですから。それでヤマハには怒ってたんです。ホルヘに怒るよりヤマハに怒ってたってのが実際ですね。でも今は状況が違うし、ヤマハもヤマハにとっていい選択をしたってことなんだと思います。だからもうそれについては大した問題じゃないですよ」

MCN:「ヤマハに移籍したらキャリアの中で初めてロレンソに次ぐナンバー2ということになるわけですがこれについてはいかがですか?

ロッシ:「それは選択に際しての大きな要因ですね。ドゥカティではナンバー1でいられましたけど、ヤマハにはロレンソがいますから、じっくり考えてみないと」

ロッシの将来やロレンソの反応については8月1日版のMotor Cyvle Newsをご覧あれ。
===============
ここまできても私はロッシの移籍はないという意見なんですが、ロッシが「低いポジション争いのために集中力を持続するのは辛い」と語っている(source失念。申し訳ない)ことからヤマハ移籍の可能性も0ではなくなったのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年 ストーブリーグ表 7/28版

ヘイデンのドゥカティとの正式契約を受けて修正しました。あとコーリンはフォーワードレーシングと2年契約だったと思うので、決定にしてあります。

しかし、今回のオリンピック開会式は素敵でしたね。イギリス人というかダニー・ボイル、っぱねえ。

Stove_2013_120728

「stove_2013_120728.pdf」をダウンロード

「stove_2013_120728.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式プレビュー>アメリカGP

ヤマハホンダドゥカティ(英語)
============
スピースのヤマハ離脱に関しては、プレスカンファレンスでも今後の行き先については情報がなかった様子。またエドワーズは来年もフォーワードレーシングで走る予定とのこと。ロッシはサマーブレイク中に来年について決定するそうです。あと、ヘイデンは今週末にドゥカティとの契約更改が発表になるとも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8耐観戦会のお知らせ(最終告知)

いよいよこんどの日曜に迫った8耐観戦会。

テレビ放送は10:30〜20:30。レースは11:30〜19:30です。
うちは10:30に来て頂いても大丈夫な態勢にしておきますので、いつでもいらしてください。

今のところ参加者は、Takeniさん、tonちゃん、なっしーさん(もちろんさっちゃんも)、cicloneさん。fulumineさんは現地かな?

メニューは、シーフードカレー、スペアリブ、ポテトサラダ、ケークサレ、ピクルス等つまみ、焼きアサリがそろいます。まだまだ持ち込み歓迎!
お酒は赤ワイン3本、白ワイン3本に加えて120円チェコビールが1ケースやってくる予定。

もちろん例によってドタ参も大歓迎です。可能性のある方にはとみながの携帯メアドをお知らせいたしますので、コメントなりDMなりをくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年 ストーブリーグ表 7/25版

スピースのヤマハ離脱宣言に伴い、修正をほどこしました。
たぶんスピースはAMAでしょう。

そしてワークスヤマハはロッシではなくドヴィツィオーゾに1票。

Stove_2013_120725

「stove_2013_120725.pdf」をダウンロード

「stove_2013_120725.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピースが今年限りでヤマハと袂を分かつことを決意

理由については触れられていませんが、本人のコメントが出ています。
SuperbikePlanetより。
============
今朝、アメリカ人ライダーのベン・スピースが今年限りでヤマハを離れることを表明した。
彼はe-mailを通じてこう語っている。
「昨日のツイッターでのコメントが騒ぎを起こしたみたいだけど、今日ははっきり言うよ。今シーズン限りでヤマハを離れることにしたんだ。その理由はたくさんある。それについてはまた適切な時期に話したいと思う。スポンサーとも話し合って、彼らには理解してもらったよ。ヤマハにも別れたくない人が何人かいて、その人たちも自分がその一人だってわかっていると思う。ヤマハにはがんばってほしい。公式発表があるまではこれ以上のコメントはしないよ」

スピースは2009年、ヤマハでスーパーバイクのチャンピオンを獲得。これがヤマハの唯一のスーパーバイクタイトルとなっている。また2010年にはルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝き、去年はダッチTTで優勝もしている。2011年の最終戦、ヴァレンシアでももう少しで優勝というところだったが、チャンピオンであるストーナーにぎりぎりのところでかわされてしまった。
============
おう、びっくりです。ということはスーパーバイクに戻るのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストーブリーグ表 2013年版

なんか今年は動きが早くて、なにがなんだかわからなくなりつつあるので、整理のために前倒しで作ってみました。
こうやって見るとヤマハワークスの人気っぷりがわかります。
ロッシはテック3+ワークススペックという噂もなくはないですが、ヤマハはサテライトにワークススペックを供給しない主義なので、今回ははずしています(それがあるからクラッチローもドヴィツィオーゾもワークスに入りたいんだし)。

また、ドヴィツィオーゾは「ワークスマシンが手に入らないならチャンピオンを狙うことは無理なので、スーパーバイクに行ってもいい」と語っているので、WSBK入りも可能性として記載しています。

安ワインを飲みながらチャチャっと作ったので、特に今シーズンの所属はいいかげんです。間違いご指摘大歓迎!

<追記>
 ブラッドリー・スミスがテック3で決定してるのを忘れてたので修正しました。

Stove_2013_120721

「stove_2013_120721.pdf」をダウンロード

「stove_2013_120721.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8耐観戦会のお知らせ(リマインダー)

詳しくはこちら

今のところ参加者は、Takeniさん、tonちゃん、なっしーさん、cicloneさん、fulumineさんってな感じです。

メニューは、シーフードカレー、スペアリブ、ポテトサラダ、ケークサレ、ピクルス等つまみ、焼きアサリがそろいます。まだまだ持ち込み歓迎!

現地でスタートを見てゴールはわたしんち、ってのもあり。15:30くらいに現地を出れば、我が家には19時には到着できるそうですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーム・アスパルとトニ・エリアスが袂を分かつ

クビというわけではなくて、お互い合意の上で袂を分かったようです。エリアスの代わりにはジョルディ・トーレスが乗るとのこと。以上、Motomatters.comより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式リリース>イタリアGP

ヤマハホンダドゥカティ(英語)
============
3クラスとも面白いレースでしたね。しかしニッキーは表彰台にくると思ったんだけどなあ。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グスコーブドリの伝記

銀河鉄道の夜」とほぼ同じスタッフなので、期待して観に行きましたがちょっと残念な感じでした。
感想はこちら

「生まれ来る子どもたちへ」が主題歌になっているのですが、それに頼り過ぎかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式プレビュー>イタリアGP

ホンダ、ヤマハドゥカティ(英語)
============
ホンダは事前情報がアップされてないみたいですが、とりあえずペドロサ、マルケスの両ライダーと2年契約を交わしています。
あとはロッシとクラッチローの行き場が決まれば、ばたばたといろいろ決まりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カル・クラッチローがドゥカティとの交渉を認める

ワークスヤマハが手に入らないならドゥカティワークスもいいな、とか言っていたカル/クラッチローですが、本人がドゥカティとの交渉を認めたようです。BBC(イギリスのNHKみたいな放送局)より。
============
カル・クラッチローが来年のワークス入りについてドゥカティと交渉していることを認めた。

26歳のクラッチローは今シーズンテック3で大活躍しているが、2013年にはワークスマシンに乗りたいと希望している。

彼はBBCスポーツにこう語っている。「(他のメーカーとも)真剣な交渉をしているんです。現時点ではヤマハからのオファーが何もないんでね。
 テック3残留もあり得るけど、ワークスマシンが手に入ることが条件です。ワークスマシンがなければタイトルは獲れないですから」

MotoGPクラスでの最高のマシンはヤマハ、ドゥカティ、レプソルホンダのワークスマシン6台である。ワークスマシンならリースを受けているサテライトよりも良いパーツをより早く手に入れることができるのだ。

今シーズンはコンスタントにトップ5入りしているクラッチローは公然とワークスヤマハ入りしホルヘ/ロレンソのチームメイトになることが第一希望だと表明している。しかしその可能性は日に日に低くなっているようだ。

ロレンソの現在のチームメイトであるベン・スピースはこの週末に契約延長について話合っていることを認めている。つまりクラッチローの選択肢はサテライトであるテック3に残るかドゥカティにすべてを賭けるかの2つに絞られたということである。

ドゥカティワークス入りは確かに良い話であるが、9度チャンピオンに輝いたヴァレンティーノ・ロッシでさえ苦労しているのだ。クラッチローは今シーズン常にドゥカティより良い成績でフィニッシュしていることも忘れてはならない。

一方ロッシは今年初めにドゥカティを買収したアウディの幹部とドイツGPで面会し、チームの将来について希望を見いだしている。

ロッシは言う。「アウディの幹部と会って直接話をしたんです。アウディは将来再びドゥカティが戦闘力を持つように支援してくれると言ってくれました。簡単ではないプロジェクトになりますがそれが聞けて良かったです。それに僕のことも離すつもりはないと言ってくれました」

パドックの一方ではロレンソがヤマハと2年契約を更新し、ステファン・ブラドルはLCRとの契約が1年残っている。

ドイツGPで勝利を飾ったダニ・ペドロサはレプソルホンダと交渉中であることを明言しており、来週のムジェロでは発表される予定である。

ペドロサのチームメイトにはMoto2クラスのチャンピオン候補であるマルク・マルケスがケイシー・ストーナーの後釜として入ると目されている。このために先週ルーキールールが撤廃されたのだ。

クラッチローの他にもイギリス人がドゥカティに乗るようだ。スコットレディングのマルク・VDSチームが来年マシンをリースする交渉を進めていると言われているのだ。

つまり来年は5人のイギリス人が最高峰クラスに参戦しそうだということである。ブラッドリー・スミスがテック3で参戦するのにに加えて、ポール・バードが先週BBCに対して来年は2台体勢で臨みたいと言っているからである。
============
ニッキー・ヘイデンの明日はどっちだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式リリース>ドイツGP

ホンダヤマハドゥカティ(英語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アッセンでのタイヤ問題の原因は想像以上の発熱とのこと

ブリヂストンが公式見解を発表しています。

これによると、


  • アッセンでのタイヤ問題は想像以上の路面温度に加えて、1000ccになったことによる発熱、カントがついていることによる発熱等が原因

  • ザクセンリング、ムジェロには熱対策済みのものを持ち込む


とのこと。

なんにせよ、あのような問題が二度と起こらないといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式プレビュー>ドイツGP

ヤマハホンダドゥカティ(英語)
============
ツイスティなザクセンリングではCRT勢にもチャンスがあるかもしれません。それも楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツGP観戦会@カフェ のお知らせ

いつもの店での開催が微妙な状態なので、カフェ開催を考えています。

日時:7月8日(日)
Moto2:18:20
MotoGP:20:00
Moto3:21:30

例によってレシート持ち寄り割り勘制です。パスタとかスパニッシュオムレツとか、わりと簡単な食事をベースに組み立てる予定。

参加ご希望の方はこちらにレスかDMをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8耐観戦会のお知らせ

今年もやります8耐観戦会@うち(A.K.A.カフェ旗の台)。

仕事の都合や体力の都合や気力の都合で現地に行けない方、クーラーの効いた快適環境で8耐を観戦しませんか?

日時:7月29日10:30(スタートは11:30)〜20:30(ゴールは19:30)くらい

例によってレシート持ち寄り割り勘制、ビール等缶もの・瓶ものはキャッシュ・オン・ディリバリー。これにPPV代3150円を人数で割った額が加算されます。例年飲み食いで1500〜2000円/人くらいかな。

今年のメニューはこれからゆっくり考えますが、こないだ作って好評だったスペアリブと去年好評だったシーフードカレーを軸に組み立てようかと思っています。

参加ご希望の方はこちらにコメントくださるか、DMくださいませ。

既に参加表明をいただいている方も念のため再度お願いします(いまんとこTakeniさん、ひろむさん、あとfulumineさんが仕事次第って感じでしょうか)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ブリヂストンはアッセンでのタイヤ問題を検証中

ロッシとスピース、バルベラのトレッドが剥離した件はかなり大きな問題だと思うのですが、ブリヂストンがその原因を検証中との記事をCRASH.netが掲載しています。
============
ブリヂストンは土曜日のダッチTTで多くのライダーがタイヤ問題に悩まされたことから、その徹底的な検証を開始した。

ドゥカティのヴァレンティーノ・ロッシはレース中にピットインを余儀なくされ、ベン・スピースは同じヤマハのアンドレア・ドヴィツィオーゾと3位争いをしている終盤にタイヤが破裂しそうになっている。

路面温度はレース中40℃近くに上がったが、これは昨年のダッチTTより20℃以上高い温度である。

安定性の観点から全員がハード側のブリヂストンタイヤを選択し、20人中13人がソフト側のリアを選択している。

ブリヂストン・モータースポーツタイヤ開発部門の総責任者であるヤマシタシンイチ氏によれば、問題のあったタイヤを日本に送り返し分析するとのことである。

ヤマシタ氏は言う。「ダッチTTは路面温度が上がったのでペースも良かったですね。全ライダーがフロントはハード側を選んで、7人を除いてソフト側のリアを選んでいます。今日何人かのライダーがリアタイヤの問題を抱えていたのは非常に残念に思います。影響を受けたライダーのみなさんには心からお詫びします。
 この件に関しては徹底的な検証をしたいので、日本のブリヂストンテクニカルセンターに自分でタイヤを持ち帰って原因について詳細を調査します。

ブリヂストン・モータースポーツ部門の責任者である山田宏氏はこれに付け加えて、今週末にザクセンリングで開催される次戦ドイツGPまでには原因を明らかにすると言っている。

「レース中にタイヤに問題が発生したライダーには本当に申し訳なく思います。現在原因について調査中ですので、次のレースまでには各チームに対してその結果報告をする予定です」
============
2輪レースジャーナリストの西村章(@akyranishimura)さんがツィートしていますが、今回ハードタイヤとソフトタイヤの右側コンパウンドはいずれもミディアムで、左側のコンパウンドの差でハードとソフトの違いを出していたのですが、剥離したのはいずれもハードタイヤ。このあたりになにか鍵がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式リリース>オランダGP

ヤマハホンダドゥカティ(英語)
============
ちなみに無理な突っ込みからロレンソを巻き込んで転倒したバウティスタは次戦グリッド最後尾からのスタートというペナルティを科せられました。また盛大に白煙を噴いて壊れてしまったロレンソのエンジンですが、特例により6基の制限とは別に1基追加することが認められるという話も。ただしこちらは確定ではなく、ロレンソが「そう聞いた」と言っただけなので本当のところはわかりませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »