« もっとスピードを、とドゥ・ピュニエ | トップページ | イプシロンの色名 »

乗り方を変えないと、とドヴィツィオーゾ

ホンダからヤマハに乗り替えると、ライディングスタイルも変更が必要なようです。MCNより。
============
アンドレア・ドヴィツィオーゾは来週のセパンテストを新型ヤマハYZR-M1にライディングスタイルを合わせるために使うようだ。

彼はMotoGPクラス昇格以来ずっとホンダに乗っていたが、今シーズンはカル・クラッチローのチームメイトとしてモンスターヤマハ・テック3で走ることになった。

元125ccチャンピオンのドヴィツィオーゾは11月のヴァレンシアテストでは良い走りをしたが、今月初めのセパンテストでは1月のモトクロストレーニングで折った右鎖骨のせいであまり良いタイムは出せなかった。

さらに彼によればYZR-M1にライディングスタイルを合わせる必要があるのだとか。

彼はMCNにこう語っている。「ホンダとヤマハはかなり違うんです。キャラクターがすごく違うんですよ。ですからブレーキングとかコーナー進入とか、コーナーリング中とかの、ヤマハの強いところを活かしていかないとなりませんね。それにMotoGPクラスの4年間ではホンダにしか乗っていないんで、なおさら乗り方を変えないといけないんです。
 ホンダの場合はコーナーを小さく曲がってできるだけマシンを起こして加速することが大事でした。でもヤマハではそのやり方が通用しませんね。
 ヤマハではブレーキングを遅らせて、すごいハイスピードでコーナリングするんです。だからやり方を全て変えないといけません。トラクションコントロールの使い方も何もかもね。でもセパンでの仕事には満足していますよ。
 それと体調を考えたら、ラップタイムにも満足ですね。ケイシーやダニ、ロレンソやスピースの方が速かったですけど、体調の割には離されてないですから。

昨年はストーナー、ロレンソに次ぐランキング3位となったドヴィツィオーゾは、2回目のセパンテストが4月8日のカタールでの開幕で誰が強いかを判断するためのものではないとも考えている。

2回目のセパンテストは2月28日に行われることとなっているが、これについてドヴィツィオーゾはこう語っている。「次のセパンではセパンで速いとかどうかははっきりわかりますけど、それ以外でのことは何とも言えませんね。
 ヘレスとカタールは全然違うタイプのサーキットなんで、そこまでやって初めてバイクのレベルがわかるでしょうけど、セパンではわからないですよ」
============
パワーのホンダ、コーナリングのヤマハってのは今でもそうなんですねえ。

|

« もっとスピードを、とドゥ・ピュニエ | トップページ | イプシロンの色名 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/54041559

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り方を変えないと、とドヴィツィオーゾ:

« もっとスピードを、とドゥ・ピュニエ | トップページ | イプシロンの色名 »