« まだまだロッシは消えたりはしないよ、とロレンソ | トップページ | ドゥカティの目標はトップから1.2秒落ち »

アンソニー・ウェスト、シート喪失、引退へ

この時期になって資金が集められず、参戦をあきらめるライダーが出てきています。
先日のヨニー・エルナンデスに続いて、今度はアンソニー・ウェストです。
CRASH.netより。元ネタは本人のfacebookページ
============
アンソニー・ウェストの公式Facebookページに掲載された声明によると、資金不足によりスピード・マスターチームからの参戦ができなくなったとのことである。
この声明には引退するだろうとも書かれている。

声明の全文は以下の通り。

「私、アンソニーウェストはスピードマスターチームで走るためのスポンサーをみつけられないことから、今年はMotoGP及び他のいかなるレースでも走れないことになりました。なぜなら全てのチームがライダーにお金を要求するからです。その結果MotoGP/Moto2/Moto3ではお金のあるライダーしか走れないことになっています。1年間無給で走るだけの資金すら集められませんでした。去年のチームであるMZジャーマニーMoto2チームからの支払いもまだ受けていないからというのもあります。車やモトクロスバイク、家までも売ろうとしていますが、家を売ってさえもまだ資金が足りないのです。もうレースをすることはないでしょう。オーストラリアに戻って、普通の仕事を探すことにします。ファンの皆さん、ごめんなさい」

かつてはカワサキのMotoGPマシンで走ったこともある30歳のウェストは、250ccとWSSで勝利を収め、この2シーズンはMZでMoto2を走っていた。

Moto2でのウェストのベストリザルトは4位(予選20番手からのスタート)。これは去年の雨のアッセン。アッセンでは2003年に勝利も挙げている。

去年、アンドレア・イアンノーネをMoto2で走らせ3勝を挙げているスピードマスターは、当初アプリリアのCRTマシンにウェストを乗せてMotoGPに参戦する予定となっていた。イアンノーネは同チームで今年もMoto2を走る予定である。

ウェストはホンダのプライベートマシンで2001年に500ccに参戦し、カワサキのMotoGPマシンでは2008年にフルシーズンを闘い最高5位の成績だった。

このままスピードマスターが2012年のMotoGPに参戦しないとなると、グリッド台数は20台(メーカー製12台、CRT8台)、ヨニー・エルナンデスも同様の問題を抱えていることから19台になってしまう可能性もある。
============
むぅぅ。

============
追記:後釜にはマティア・パシーニが座るそうです。Motomatters.com

|

« まだまだロッシは消えたりはしないよ、とロレンソ | トップページ | ドゥカティの目標はトップから1.2秒落ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/53843980

この記事へのトラックバック一覧です: アンソニー・ウェスト、シート喪失、引退へ:

« まだまだロッシは消えたりはしないよ、とロレンソ | トップページ | ドゥカティの目標はトップから1.2秒落ち »