« 大幅なルール改定か? | トップページ | 本年の営業は終了です »

ドゥカティ移籍を後悔はしていないよ、とロッシ

散々なシーズンに終わったロッシですが、それでもドゥカティへの移籍は後悔していないそうです。MCNより。
============
16年のグランプリ経験で初めて1勝もしないというタフなシーズンを過ごしたロッシではあるが、それでもドゥカティへの移籍を後悔してはいないと言う。

ヤマハとの7シーズンでは46勝と4回の世界タイトルという素晴らしい記録を残したことで、いくら悪名高い手の込みすぎたドゥカティでもロッシが乗れば競争力がつくだろうと誰もが思ったものである。

しかし結局のところルマンで1回表彰台に昇ったきりで、1年を通じてGP11のフロントエンドのフィーリングの無さに悩まされ続けることになった。

とは言えMCNの最新刊での独占インタビューでは、ドゥカティへの移籍を後悔してはいないと言っている。

「後悔することもも時々はあるけど、じっくり考えると、これはトライすべき価値のあることだって思い直すんです。だからこれは僕にとっては失敗ではないですね。このチャレンジはすごく楽しいし、今でもそう思ってますよ。
 残りの人生を『もしああしてたら』って考え続けるより、困難はあるけど実行した方がいいと思うんです。レースも人生もそうやって決めてきましたから。そのおかげで楽しい人生を送ってますしね。
 だから結果については後悔しないことにしてるんです。まずがっかりしてるのは自分自身と僕と一緒にがんばってくれているスタッフですね。もちろんファンがもっといい結果を期待して待っているのはわかっていますし。
 過去には予選11番手から勝ったこともありましたから、今年も同じような予選結果のときにファンは同じことをできると期待するのも無理はないですよね。
 そうなるとよかったんですが。ファンをがっかりさせて申し訳ないと思ってますけど、まだ物語は終わっていませんよ。苦労するとは思いますが、あとは這い上がるだけですから」

ロッシは、今年の苦労が2012年の1000cc時代には報われるに違いないと信じている。

「こういう厳しいシーズンがあると、より強くなることができるんです。辛いシーズンでしたけど未来に向けての気持ちは変わることはありません。もっとずっと長い間MotoGPで走っていたいし、トップレベルで闘うこともできると信じています。
 まあシーズン11勝なんて無理だとは思うけど、それでも表彰台争いはできるでしょう。
 まずはドゥカティでトップ争いをしたいと思ってますし、それは僕の義務ですね。こんな形で物語を終わらせるわけにはいかないし、マシンをよりよいレベルにもっていって、ホンダやヤマハと闘えるようにしなければいけないんです」
============
ちょっとかっこいいぞ、ロッシ。

|

« 大幅なルール改定か? | トップページ | 本年の営業は終了です »

コメント

シーズン中はまいってたみたいですけど立ち直り速いですね
ドカを誰でも速く走れるマシンに仕立て上げて、限界説を囁いてるやつらを見返してやってちょ

投稿: 鍋 | 2011/12/28 07:10

>鍋さん
 そうそう。限界説をどこ吹く風と、最年長チャンピオンとか狙ってほしいですよね。

投稿: とみなが | 2011/12/28 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/53576497

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥカティ移籍を後悔はしていないよ、とロッシ:

« 大幅なルール改定か? | トップページ | 本年の営業は終了です »