« 公式プレビュー>オーストラリアGP | トップページ | 気付いたら »

2012年、青山はWSBKのカストロール・ホンダへ

MCNより。
============
2011年はグレシーニ・ホンダでMotoGPを闘っている青山博一であるが、来年はワールド・スーパーバイクののカストロールホンダに加入することとなった。これまで長いことGPを闘い、250ccのチャンピオンも獲った青山が、何度も優勝を飾っているジョナサン・レイのチームメイトとなるのだ。マシンは2012年型のホンダ・ファイアーブレードである。

MCNがつかんだ情報によれば、まだ正式な契約書にサインはしていないものの、明日には発表される見込みである。

MotoGPの上層部にしてみれば日本人ライダーを確保していたいという希望があるだろうが、アルベルト・プーチがマネジャーを務める青山がMotoGPに残るにはCRTしかないというのも事実である。

WSBKに移籍することで、MotoGPから去っていったマックス・ビアッジ、カルロス・チェカ、マルコ・メランドリらと同様に、青山にとっては勝てるパッケージに乗ればどんなことができるか見せるチャンスである。
============
そりゃCRTよりカストロール・ホンダの方がチャンスは大きいでしょう。これからの活躍に期待です。

|

« 公式プレビュー>オーストラリアGP | トップページ | 気付いたら »

コメント

 WSB行きが決まって良かったです。中にはmoto2の方が望ましい、という声もあったようですが、勝てるパッケージに乗ることが、彼自身に必要なことでしょう。250cc時代に見せた深いブレーキングとレース巧者ぶりの再現を期待しています。開発の止まったマシンでチャンピオンになれた実力を存分に発揮して欲しいものです。

投稿: ケビン | 2011/10/15 02:18

>ケビンさん
 あのガツガツ当たり合うWSBKでどこまでがんばれるかがちょっと不安ではありますが、がんばってもらいましょう。

投稿: とみなが | 2011/10/15 12:00

250ccじだいのインタビューで、シッチやバルベラが当ててくることに対し、やるならやるよ、くらいで、気分的には楽だったみたいな発言がありました。乗れている時は、自然とそういう気持ちになれるんでしょう。

しかし、今回の予選もいつものようにズルズルと落ちて、定位置でしたね。

投稿: ケビン | 2011/10/15 15:45

>ケビンさん
 沈んじゃいましたねぇ。しかも転んじゃったし。残念!

投稿: とみなが | 2011/10/15 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52991222

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年、青山はWSBKのカストロール・ホンダへ:

« 公式プレビュー>オーストラリアGP | トップページ | 気付いたら »