« 公式リリース>オーストラリアGP | トップページ | マレーシアGP観戦会ですが・・・ »

ロレンソの最新状況

オーストラリアGPウォームアップ中の転倒で、左手薬指の先端が切り落とされてしまったロレンソの最新状況と本人のコメントをCRASH.netが伝えています。
============
オーストラリアでの形成手術の成功の後、2010年のチャンピオンであるホルヘ・ロレンソは回復のためにバルセロナの自宅に戻った。

既に報じられているようにロレンソはマレーシアGPを欠場することとなっている。11月4-6日に開催される最終戦ヴァレンシアへの出場についてはこの2週間の回復状況をみて決定するとのことだ。

ウォームアップ中の事故でロレンソがオーストラリアGPを欠場したことにより、ライバルであるケイシー・ストーナーが地元GPで優勝しチャンピオンを決定することとなった。

ロレンソは怪我について語る前に、ストーナーの2度目のチャンピオン決定を祝うコメントを残している。

「今シーズンのケイシーはほとんどミスもせず、すごい走りだったと思います。いつも強かったし安定していたんで、彼に勝つのは本当にたいへんでした。まずは彼におめでとうと言いたいですね。今年は彼の走りが一番だったし、2度目のチャンピオン獲得の資格が充分あると思います。それに異なるメーカーでチャンピオンになるなんて本当にすごいですよね。
 本当は最後まで、できるならヴァレンシアまでチャンピオン争いがしたかったんですけど、日曜の怪我でそれはかなわぬこととなってしまいました。ここまででランキング2位につけているチームのがんばりに対しては本当に誇りに思っています。ここで仕切り直しで、来年に向けてまたがんばろうと思います。
 クラッシュの直後は、もう指の感覚をとりもどせないかと心配しました。でも素晴らしい治療のおかげで、今では神経も腱も完全に感覚が戻ることを確信しています。自信もありますよ。早くまたM1に乗りたいですね」

以下はヤマハの発表によるロレンソの手術の概要である。

 執刀医 :ジョン・クロック医師
 病院  :ノックス私立病院
 診断  :左手中指、薬指損傷
 手術概要:左手薬指及び中指の鮮創及び再建
 手術時間:80分
 手術詳細:中指→皮膚の喪失のみ・・・小指球からの皮弁移動にて治療
      薬指→背面方向への骨折による先端の喪失。指骨の喪失・・・伸展筋の再結合
============
手術詳細については訳に自信がないので原文もつけておきます。あいたたた。

Middle finger wound: skin loss only, covered with SSG taken from the hypothenar eminence.
Ring finger wound: longitudinal dorsal grinding injury with loss of tip. (…) Distal half of the distal phalanx missing. (…) The extensor tendon was identified and reattached. (…)

|

« 公式リリース>オーストラリアGP | トップページ | マレーシアGP観戦会ですが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/53025226

この記事へのトラックバック一覧です: ロレンソの最新状況:

« 公式リリース>オーストラリアGP | トップページ | マレーシアGP観戦会ですが・・・ »