« GPネタ3題 | トップページ | すみません、今日は酔っ払いなので、更新はありません »

Moto3の詳細レギュレーション

来年から125ccに替わって開催されるMoto3クラスの詳細レギュレーションが発表されました。基本的にはこれまで発表されているとおり、最大ボア81mmの自然吸気250cc、最高回転数は14,000rpmというところですが、興味深いのはエンジンの価格制限。

オプションパーツを含んだエンジン価格が12,000ユーロを超えてはいけないとのこと。つまり、いわゆるAキットとかBキットとかを含んでもこの価格ということです。さらにこの規定を補完するために、レース後12,000ユーロでエンジン買い取りが可能というルールも。

またエンジンは15チーム(参戦初年度は8チーム)にまで供給できなければならないこととされています。

その他、1シーズンエンジンは8基まで、最低重量はライダー込みで148kgとのこと。

以上CRASH.netより。

|

« GPネタ3題 | トップページ | すみません、今日は酔っ払いなので、更新はありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52925364

この記事へのトラックバック一覧です: Moto3の詳細レギュレーション:

« GPネタ3題 | トップページ | すみません、今日は酔っ払いなので、更新はありません »