« テック3がCRTに参入? | トップページ | ドゥカティは未だ日本行きを決断せず »

グレシーニが目指すのはあくまで2台体制

ホンダがマシン供給台数を削減すると言われている中、チーム・グレシーニはあくまでも2台体制を目指すとのこと。要するに雇用の確保のためではあるんですが、社長さんとしては当然目指すべき方向ですな。MCNより。
============
マルコ・シモンチェリのチームのオーナーであるファウスト・グレシーニは、経済危機により2012年が1台体制になることを恐れている。

厳しい経済状況やチームの財政緊迫にもかかわらずHRCは来年のRC213Vのリース料を引き上げているのだ。

HRCは親会社のホンダから30%のコストカットを命じられている。これは3月の地震と津波により生産量が著しく減少したためである。

この状況下でグレシーニはMCNにこう語っている。「私としては2台体制でいきたいんですが、経済状況は非常に厳しい上、来年のマシンにかかる経費は増加するんです。コストカットが必要だって誰もが言っているのにですよ。それなのにメーカーはコストを上げてくるんです。そりゃ厳しいですよ。レギュレーションが変わったせいだって言うけど、いつでも価格を下げるための努力はしてほしいですね。まあ、これはドルナとメーカーが考えることですけども。状況は厳しいし、ホンダはうちが1台体制でいくべきだと言っているんですが、ちょっと受け入れられないですね。2台でいくために努力しているんです。だってもう10年も一緒に働いている人たちがいるんですよ。だから体制は維持したいんです」

グレシーニはアプリリアRSV4のエンジンをイギリス製FTRフレームに積んだマシンを来年走らせることも検討している。

しかしグレシーニはこう語る。「それはもしホンダから2台のマシンを獲得できなかった場合の話ですね。他の手も考えなきゃならないですけど、いろいろ問題があるんです。アプリリアと話をしているのも本当ですけど、これまでずっとホンダと一緒にやってきてますから、まずはホンダを2台というのが優先ですよ」

シモンチェリの来年については今週末ミサノで発表される予定である。シモンチェリはHRCと契約の上グレシーニのところで走るという今年と同じことになりそうだ。
============
もう1人は誰になるんでしょうか・・・。ちなみにグレシーニはワークスマシン+ホンダエンジンCRTマシンという話もどっかで見たな・・・。

|

« テック3がCRTに参入? | トップページ | ドゥカティは未だ日本行きを決断せず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52621802

この記事へのトラックバック一覧です: グレシーニが目指すのはあくまで2台体制:

« テック3がCRTに参入? | トップページ | ドゥカティは未だ日本行きを決断せず »