« アラゴンでの勝利はあり得ない、とロッシ | トップページ | タイトル争いともてぎ参加/不参加は関係ない、とロレンソ »

2012年型ヤマハYZR-M1に対するロレンソとスピースのコメント

ヤマハがミサノで月曜に1000ccのテストをしましたが、これに関するロレンソとスピースのコメントが出ています。プレスリリースは大本営発表なのでスルーして、MCNの独自インタビューより。酔っ払ってるのでコメントのみ翻訳。
============
ロレンソ「今回1000ccを違うコースで試してみて、また感動しました。ブルノはミサノに比べて広いし、高速サーキットなんですが、こちら(訳注:ミサノ)は800ccと同じ速さで走るのもたいへんですね。でもマシンにはかなりのポテンシャルがあることがわかったんで、満足しています。
 1000ccを乗りこなすのはたいへんですよ。特に1周目はね。だって800ccだとピットを出て1周目にベストタイムに近い34秒台でいけましたからね。でも1000ccだと別とタイムにいくまでは35秒台とか36秒台なんです。タイヤを暖めるのが難しくて、自信を持ってコーナーに進入するまでに時間がかかるんです。レースでも最初の2〜3周についてはたいへんでしょうね。そのせいで抜き合いは激しくなるでしょうけど」

スピース「ここだと800ccより1000ccの方が難しいですね。ブルノではどこでも速かったですけど、ここでは乗り方を変えなきゃならなくてたいへんなんですよ。でも楽しいですよ。1000ccをもっと気持ちよく乗りこなすためにいろいろやってみました。コーナー進入でシフトしなきゃな伽ならないんです。これまでとは違ってね。
 フロントエンドも変えていますし、サスのセッティングも変えました。でもメインはトラクションコントロール周りの電装系ですね。速くしながらも、素直で楽に乗れるようにセッティングしたんです。これまでのところ良い仕事をしてくれてますし、まだ新型で2日目なんです。スケジュール通りですけどね。良いパッケージになったと思います。でも本当のところは他のメーカーのマシンと走ってみないとわからないですね」
============
プレスリリース(CRASH.net)では両ライダーとも楽しんだ様子が伝わってきますが、スピースの言うとおり、ヴァレンシアテストまで実力は不明ですな。

|

« アラゴンでの勝利はあり得ない、とロッシ | トップページ | タイトル争いともてぎ参加/不参加は関係ない、とロレンソ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52664512

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年型ヤマハYZR-M1に対するロレンソとスピースのコメント:

« アラゴンでの勝利はあり得ない、とロッシ | トップページ | タイトル争いともてぎ参加/不参加は関係ない、とロレンソ »