« GPネタ3題@チェコGP | トップページ | 公式リリース>チェコGP »

もてぎ、ライダー側の結論は持ち越し

金曜に全MotoGPライダーが参加した安全委員会(Safety Commission)が開催され、もてぎが議題に上がったようですが、結論は出ずじまいだったようです。関連箇所をMotomatters.comより抜粋。
============
金曜夕方、全ライダーが出席した安全委員会の席では、もてぎが例によって話題に上った。ヴァレンティーノ・ロッシがあるジャーナリストに語ったように、理想的には全会一致で立場を統一し、それに従うということであるが、今回は特に統一見解を出すには至らなかったようだ。依然としてライダーからは反対意見が多いものの、メーカーからのプレッシャーも大きくなっている(メーカーはそれを躍起になって否定してはいるが)。マルコ・シモンチェリはGPOneの記者に「もし来年の契約にサインしていたらもてぎには行かない。でもホンダが来年の契約を遅らせているんだ」と語っている。この手の圧力に業を煮やして、シモンチェリのマネジャーがドゥカティとの交渉をほのめかしているのだろう。もっともドゥカティはきっぱりと否定してはいるが。まあこれはシモンチェリとの契約を急がせるための方便だろう。少なくとも契約すればプレッシャーなしにもてぎ行きを判断できることにはなる。

話が核心に近づいてきたようだ。イタリア人のベテランジャーナリスト、ネレオ・バランジンが私に指摘したのだが、まだ20代半ばの若者たちに大きな圧力が掛かっているが、この年代の若者というのは、何か結論を無理矢理出させられることに慣れていないものだ。そしてグループの中に自信に満ちあふれたトップアスリートがいると、ろくな結論が出せないものだ。いずれにせよ、ほとんどのライダーがもてぎに行くだろうが、何人かは最短時間で済ませようとするだろうし、ずっと不平は止むことはないだろう。
============
昨日、バウティスタがスズキから圧力を受けているとの記事を掲載しましたが、スズキの言い分としては「状況を説明しただけ」だそうです。ま、それだけで来年の契約がないライダーにはプレッシャーになるでしょうからね。

|

« GPネタ3題@チェコGP | トップページ | 公式リリース>チェコGP »

コメント

何か、全会一致での欠場はない気がします。
レギュラーライダーの欠場を心密かに願う控えライダーなんかはいるんでしょうかね??

投稿: Takeni | 2011/08/15 14:59

>Takeniさん
 テック3は参戦を決めたようですし、スズキのバウティスタも参戦でしょう。ストーナーも気持ちを変えつつあるので、ことによったら欠場はロレンソだけかもですね。
 欠場してもテストライダーかなあ。伸び盛りの若手とかにチャンスが来るのもおもしろいけど。

投稿: とみなが | 2011/08/15 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52463041

この記事へのトラックバック一覧です: もてぎ、ライダー側の結論は持ち越し:

« GPネタ3題@チェコGP | トップページ | 公式リリース>チェコGP »