« FIMがもてぎ開催を宣言 | トップページ | ブルノでのオファーを待つシモンチェリ »

ドヴィツィオーゾはLCRと交渉の最終段階に

ブルノを前にして、ストーブリーグが本格的に始まったようです。まずは来年のワークスチームを2台体制にすると伝えられるホンダのドヴィツィオーゾ。LCRへの移籍交渉の最終段階に入った模様。MCNより。
============
アンドレア・ドヴィツィオーゾは2012年、LCRホンダに移籍することになりそうだ。

ホンダのワークスチームであるレプソル・ホンダが来年は2台体制になることを受けて、この交渉が最終段階に入った模様。

LCRホンダのオーナー、ルーチョ・チェッキネロは言う。

「こちらサイドとしては彼が来てくれればすごくありがたいと思っています。アンドレアは既にポテンシャルを見せつけてくれているし、来年彼と仕事ができればこんなにいいことはないですよ。
 ただ問題を複雑にしているのは、アンドレアが今年ワークスチームでワークスマシンを走らせていることですね。彼は当然来年も同じような大きな体制でいきたいと思っているんですけど、うちのチームはそんなに大きくないんです。だからスポンサーとも交渉してワークスマシンを走らせる体制を作れないかと考えているところです」
============
まあこの感じならドヴィッチはLCRで決まりですね。来年2台体制だとするとあとは誰が来るのかな?

|

« FIMがもてぎ開催を宣言 | トップページ | ブルノでのオファーを待つシモンチェリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52390266

この記事へのトラックバック一覧です: ドヴィツィオーゾはLCRと交渉の最終段階に:

« FIMがもてぎ開催を宣言 | トップページ | ブルノでのオファーを待つシモンチェリ »