« 更新滞ります | トップページ | クラウディオ・カスティリョーニ氏 死去 »

GPネタ5題

いろいろとばたばたしてるいるわ、トライアル観戦の後遺症で筋肉痛だわで、さくっと行きます。

その1 コーリンはスーパーバイクか

 テック3がユージーン・ラヴァティを獲得しようとしていることは既にお伝えしましたが、そのあおりをくったコーリン・エドワーズはワールド・スーパーバイクへ移ることを真剣に考えている模様(GPweek誌最新号 PDFはこちら)。
 エドワーズのコメント「32歳か33歳くらいで引退しようと考えていたし、それもありだったけど、問題はまだ自分がレースに対してモチベーションを持ち続けていることなんだ。リン・ジャーヴィス(チーム・ヤマハのトップ)にしてみればそれこそが問題なんだろうけど、俺は自分のしたいようにやるよ。
(BMWと話し合いを持っていることについて)確かに彼らと話はしているよ。でも他にも話があってね。まあ待っていてよ」

 ちなみにリン・ジャーヴィスはユージーン・ラヴァティについて大歓迎だと言っています(MCN)。ただしライダーを決めるのはテック3オーナーのエルヴェ・ポンシャラルだとも言っているので、彼次第ですかね。

その2 コーリンは蟻が怖いんだそうで。
 いや、コーリンネタを引っ張っているだけですが、SuperbikePlanetによると、インディアナポリスの事前記者会見で、そう言ったとか。小さい頃「ほらこの蟻塚に手を突っ込んでみろよ」と言われてその通りにして以来、怖いっていうか嫌いになったそうです。

その3 カピロッシもスーパーバイクか
 こちらもGPweek誌の記事ですが、カピロッシは来年ドゥカティでスーパーバイクを走るかもとのこと。

その4 アプリリアエンジン+モリワキフレーム?
 MCNが「HRCはまだ来年のライダー体制を決めかねている」という記事(基本的な内容は既報の通りですので割愛)の中で、来年チーム・グレシーニがマルコ・シモンチェリをホンダに乗せて、もう一台はアプリリアエンジン+モリワキフレームを走らせる(ライダーは未定)と書いています。なんとなんと、モリワキですか!

その5 もてぎに行くことを強要してはいない、と中本副社長
 これもMCNより。
 インタビューに答えてHRC中本副社長はこう言っています。「ホンダと契約しているライダーはみんなもてぎに来ると信じています」
 そして、契約違反を犯してまでもてぎ行きを拒否するライダーに対しての処置はまで決まっていないとも。「確かに契約上どうなるかは説明しました。いろんなペナルティがあるんですが、最終的にどうなるかはわかりません。とりあえずライダーに説明しただけです。来年の契約破棄もシナリオの一つではありますが、ホンダとしてはまだ何も決めていないんです」

 たぶん同じ発言を記事にしているのでしょうけど、イタリアメディア(イタたわGP by la chiricoさん)とのニュアンスの違いにも注目。

|

« 更新滞ります | トップページ | クラウディオ・カスティリョーニ氏 死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52551412

この記事へのトラックバック一覧です: GPネタ5題:

« 更新滞ります | トップページ | クラウディオ・カスティリョーニ氏 死去 »