« ブラッドリー・スミスがMotoGPに昇格か? | トップページ | テック3はユージーン・ラヴァティにも触手を伸ばす »

来年のホンダは6台。ただし新型ギアボックスはワークスマシンのみ

HRCの中本副社長が来年型マシンについて記者会見を行っています。GPoneより、中本副社長の発言のみ翻訳。
============
フレームの進化の影響を除くと、800ccとの差は0.2秒くらいでしょう。もちろんコースによって違います。ラグナセカのようなタイトなサーキットではもっと影響は小さくなりますね。

アドバンテージは主にトップスピードと加速ですね。でもそれはトラクションコントロールとアンチ・ウィリーシステムが介入しない高回転のみの話です。問題はタンク容量が21Lしかないことで、燃費向上のために新たなテクノロジーが必要だと考えています。本当に新しい技術が必要なんですよ。

基本的には800ccの進化型になります。今日はストーナーはヘレスとは違うフレームをテストしますが、ペドロサは1000ccが初めてなので、両方のバージョンを用意しています。

(来年は6台用意すると明言した後で)ただしトランスミッションはワークスとサテライトで違うものになるでしょう。もし新型ギアボックスを使いたければ、別料金を払ってもらうことになるでしょうね。すごく高価なんです。私の家より高いんですよ!しかも市販マシンへの流用は考えていないんです。高回転域でしか使えないんでストリートではあまり意味がないんですね。ホンダはエンジンのみ売ることは考えていません。コンプリートでしか売りませんよ。

来年の予算は30%減になります。まだ確定はしていないので、なんとかそこからの増額を狙っているんですが。決定はもう少し先になります。アンドレア(ドヴィツィオーゾ)ともマルコ(シモンチェリ)とも話しています。昨日の結果(チェコGPでドヴィッチが2位、シモンチェリが3位)には満足していますよ。

(地震について)ホンダは世界中に工場を持っています。日本で生産しているのはほとんどが大排気量バイクですね。問題はパーツ・サプライヤーなんです。そちらはかなりダメージを負っているんで。

(ロッシが「鈴鹿がいいんじゃないか」と言っていることについて)確かにいいコースですし、2003年以降かなりの改修をしています。バイク用に新しいシケインも作りましたけど、FIAの認定項目が多岐に渡っているんですね。確かに今年だけを考えれば良い解決策かもしれませんが、将来的にはもてぎで開催したいと考えています」
============
最後の文章は「It could be a solution for this year alone, but in the future I'd like to return to Motegi.」となっていて、文章だけからすると鈴鹿での開催も視野に入っている感じなんですが、それはないな。

|

« ブラッドリー・スミスがMotoGPに昇格か? | トップページ | テック3はユージーン・ラヴァティにも触手を伸ばす »

コメント

今シーズンの話題になってた新型ギアボックスは、やはりF1のシームレスシフトと同じような物のようですね。
「高回転でしか使いない」という中本さんのコメントでハッキリしました。
F1でもあれはホンダが先鞭を付けた物ですが、解説してあったサイトによると
低回転やアクセル開度が低いと逆にギアを傷めてしまって、とても市販車に流用出来ないと書かれてました。
図入りで説明してるのを見ると、一見DCTよりシンプルな機構で動いてるようだけど
素人には仕組みが分かり辛く、まだDCTの方が理解しやすい感じでした。
そのサイトはこちらです。
http://yohitna.at.webry.info/201001/article_1.html

今やF1では全チームがシームレスシフトを採用してるので
MotoGPでもいずれそうなるんでしょうか?
しかしギアだけで家一軒以上の値段とは凄いですねw

投稿: 51 | 2011/08/17 01:08

今年ホンダが使用していると言われるシームレスの仕組みは、概念は51さんがリンクしておられる
サイトの説明と同じですが、構造が全く異なります。
(トヨタF1の様に)殆ど普通のミッションを電子制御を駆使してシームレス化しているのではなく、
複数のギアを共噛みさせた時用のワンウェイクラッチなども機構として組み込まれています。

特許で説明されている構造でなら高回転域でしか使えないと言う事はないと思うのですが
(そもそもエンジンとミッションの回転数の関係は減速比の設定で変化する物ですし)、
市販車への流用を考えていないのは、機構が複雑になる分機械的な信頼性が落ちてしまう、
と言う事ではないでしょうかね。

高価なのは、部品点数がかなり多くなるのと、構造からしてドグミッションですらないので
数を作って値段を下げる事が難しいんでしょうね。

投稿: nobody | 2011/08/17 14:54

>51さん、nobodyさん
 をを、解説ありがとうございます!
 実はノーマルのミッションですらちゃんと理解できていないので、もうシームレスとかDCTとか、さっぱりです。とほほ。現物を分解してみないといかんのかしらん。

投稿: とみなが | 2011/08/17 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52493132

この記事へのトラックバック一覧です: 来年のホンダは6台。ただし新型ギアボックスはワークスマシンのみ:

« ブラッドリー・スミスがMotoGPに昇格か? | トップページ | テック3はユージーン・ラヴァティにも触手を伸ばす »