« アルミフレームか否か、それが問題だ | トップページ | MotoGPへの昇格をあきらめないキーファーレーシング »

スーパーバイクには興味なし、とカピロッシ

ブルノでの引退発表が噂されるカピロッシですが、スーパーバイクに行くつもりはないとのこと。MCNより。
============
ロリス・カピロッシは2011年で引退するつもりであり、マックス・ビアッジやカルロス・チェカ、マルコ・メランドリとは異なり、MotoGPからスーパーバイクに行ったくことはないようだ。

38歳のベテランはスーパーバイクに移行するチャンスを断り、来月のブルノで引退を宣言するつもりらしい。

ラグナセカで322回目のGPレースを走った後、短い夏休みを将来をみつめなおすために使い、チェコでのレースで何らかの発表をするとのことだ。

2011年はトップ10以内のゴールが一回だけと苦しんでいるカピロッシはMCNにこう語っている。

「2つばかりのワールド・スーパーバイクのチームが僕に興味を持ってくれてるのは確かですけど、興味がないんですよ。僕の夢はMotoGPで走り続けることで、それができなければ引退ですね。ブルノで何か発表できるでしょう。残念なことに、マシンの戦闘力がなくて苦労してるってのが現状ですね。
 乗っても楽しくないんです。今年はいつも問題を抱えているし。これから何をするか考えるのには良いタイミングですよ。22シーズン闘って、いくつもの勝利と表彰台をものにしてきたんだから、いまから僕のポテンシャルを見せる必要はないと思うし。良いマシンを手に入れて、またレースを楽しみたいだけなんです」
============
この感じは引退ですかねえ・・・。

|

« アルミフレームか否か、それが問題だ | トップページ | MotoGPへの昇格をあきらめないキーファーレーシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52331949

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーバイクには興味なし、とカピロッシ:

« アルミフレームか否か、それが問題だ | トップページ | MotoGPへの昇格をあきらめないキーファーレーシング »