« ルカ・マリーニくん3連勝 | トップページ | ロレンソのボイコット運動に対して慎重姿勢のヤマハ »

公式プレビュー(ドゥカティ)>アメリカGP

ドゥカティの公式プレビュー。ホンダとヤマハは日本語があるので。
============
ヴァレンティーノ・ロッシ
「金曜はGP11とGP11.1の両方のデスモセディチをトライする予定です。そこで両方を比較して近い将来と来年以降に向けていろいろやることになると思います。できるだけのことを学びたいですからね。でもたいへんなことはわかっています。レースの準備も同時にしなきゃならないですから。でもマシンを改良するにはできるだけのことをやらなければならないんです。僕にとってラグナセカのイメージはコークスクリューですね。それにいい思い出もたくさんあります。2008年のキャリア最高のレースとか。いずれにしてもアメリカのバイク文化は素晴らしいので、ここでレースをするのはいつでも楽しいですよ。もちろんジェリー(バージェス)が戻ってくれるのも楽しみです」

ニッキー・ヘイデン
「もちろんラグナは楽しみですよ、だって大好きなコースだし挑戦しがいがあるし楽しいですからね。地元のみんなの応援もあるし。1コーナーとコークスクリューはすごくテクニカルですし、全部のコーナーがつながっていて、MotoGPマシンだとストレートは無いに等しいんです。常にギアチェンジしてコーナリングしてブレーキングしてって具合にね。だからマシンへの信頼感が大事だし、それがないと責められないですよ。最高の状態で臨めるわけじゃないですけど、いつも通りに最大限の努力をします。AMAのレースで兄弟たちが走るのも楽しみですね、それに妹たちは2シーターのドゥカティに乗せてもらうんですよ。木曜日になればどのマシンに乗るかがわかります。でもたぶんGP11.1を試すことになるでしょう。その結果をみて、良い成績を残すために何ができるか考えます」
============
え、スズキ?

|

« ルカ・マリーニくん3連勝 | トップページ | ロレンソのボイコット運動に対して慎重姿勢のヤマハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52262264

この記事へのトラックバック一覧です: 公式プレビュー(ドゥカティ)>アメリカGP:

« ルカ・マリーニくん3連勝 | トップページ | ロレンソのボイコット運動に対して慎重姿勢のヤマハ »