« もてぎの開催可否は7月のムジェロまでに決定予定 | トップページ | 公式プレビュー>イギリスGP »

シルバーストンを走りたい(!)ギャリー・マッコイ

ただ走るってんじゃなくて、GPに出たいってことですよ、奥さん!GPoneより。
============
MotoGPクラスのグリッドはこのところ骨までやせ細っている。というよりも(折れた)骨のせいでこんなに少なくなっているわけであるが。現時点でできることはほとんどない。そもそもシーズン当初から17台しかいなかったのだから、2〜3人怪我をしたら、ポイントシステム上でこれ以上ないほど減ってしまうのは仕方のないことだろう(15位まではポイントが取れるのに)。今朝のレポートの通り、次のシルバーストンのレースは、ペドロサ、エドワーズに加えてドゥ・ピュニエまで欠場するとなれば14台ということになってしまう。

こんな状況となれば、代役ライダーに思いをはせるのも無理はない。しかしMotoGPの経験があって、しかも今週末に暇なライダーはそうはいないだろう。そこで、スライド王ギャリー・マッコイである。彼のマネジャーであるステファニー・スタインブレヒト・アレックスが先週末にドルナ、チームHRC、チーム・テック3にeメイルを送ったのだ。ギャリーは週末空いていて、シルバーストンで走る用意があるという内容である。

残念なことにあまり色よい返事はもらえなかったらしい。ドルナは丁寧に「考慮します」との返事、HRCは自分のところのライダーを使う予定、エルヴェ・ポンシャラル(テック3のオーナー)からは、コーリン・エドワーズはイギリスGPを走れそうだとのこと。
というわけで、FBコルセのプロジェクトからもはずされたマッコイには残念な結果となった。今は故郷のオーストラリアに戻って、マッコイ・モトパークの建設を計画している。そこで指導者になるつもりだそうだ。

彼がまたGPバイクに乗ってスライドを見せてくれるかどうかは誰にもわからない。もしそれがなかったとしてもシドニー生まれの39歳が我々に与えてくれたインパクトを忘れることはないだろう。
============
うーん、残念。青山→レプソル、マッコイ→グレシーニとかなら最高だったのに。

|

« もてぎの開催可否は7月のムジェロまでに決定予定 | トップページ | 公式プレビュー>イギリスGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51890975

この記事へのトラックバック一覧です: シルバーストンを走りたい(!)ギャリー・マッコイ:

« もてぎの開催可否は7月のムジェロまでに決定予定 | トップページ | 公式プレビュー>イギリスGP »