« ネタ3題 | トップページ | もてぎ開催の可能性(ちょっとは)アップしたかな »

シモンチェリ呼び出し後のレース・ディレクションの見解

ルマンのアクシデントの後「僕は悪くない」と言い放ったせいなのかなんなのか、シモンチェリがレース・ディレクションに呼び出しをくらったわけですが、その話し合いの後、レース・ディレクションの見解が出されています。CRASH.netより。
============
IRTA代表ポール・バトラー委員長以下、FIM代表クロード・デニス、ドルナ代表ハヴィエル・アロンソ、IRTA安全委員会代表フランコ・ウンチーニからなるレース・ディレクションは本日サンカルロ・ホンダ・グレシーニのライダーであるマルコ・シモンチェリ及びチームオーナーであるファウスト・グレシーニと話し合いの場を持ちました。

議題はマルコ・シモンチェリがペナルティを科せられることになったフランスGPでのアクシデントです。

レース・ディレクションからシモンチェリに対しては、自らのミスを認めると共に今後こうしたことの無いよう要望が出されました。これに対してシモンチェリはフランスGP直後の言動を深く反省すると共に、レース中のアクシデントが自らの判断ミスであったことを認め、今後はより慎重になるとの返答がありました」
============
というわけで、この一件は(ペドロサの復帰を除いて)落着したようです。

|

« ネタ3題 | トップページ | もてぎ開催の可能性(ちょっとは)アップしたかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51846268

この記事へのトラックバック一覧です: シモンチェリ呼び出し後のレース・ディレクションの見解:

« ネタ3題 | トップページ | もてぎ開催の可能性(ちょっとは)アップしたかな »