« 備忘録:来週時間があったらやること | トップページ | MotoGPネタ2題 »

因果応報?

冷え冷えの天候だったオランダGPですが、ブリヂストンは、左コーナーが少ないアッセンのために、左側がよりソフトなタイヤを持ち込むことも予定していたとのこと。そのためには全チームが同意する必要があったのに、誰かが同意しなかったことから、結局当初の予定通りのコンパウンドになったらしいです。で、その「誰か」とは、早々にロレンソを巻き込んで(しかも左コーナーで)転倒したシモンチェリではなかったか、との説が出ていると・・・。

MCNが伝えるところでは、当初レプソルホンダあたりが怪しいという話だったのですが、それをストーナーが否定。そしてロッシのチーフメカであるジェリー・バージェスがシモンチェリ説を唱え始めました。彼の主張によれば、自分がポールを獲ったので、ソフトタイヤで他のライダーが自分より前にくる可能性をつぶしたかったんじゃないかとのこと。とってつけたように「まあ、本当かどうかわからないけどね」とは言っていますが。

はてさて、真相は・・・。

<追記>
 イタリアのテレビでは「シモンチェリはその件については知らなかったと言っている」と報道されている様子(ジャーナリストのDenis Noyes氏のツイートより)。

|

« 備忘録:来週時間があったらやること | トップページ | MotoGPネタ2題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/52060065

この記事へのトラックバック一覧です: 因果応報?:

« 備忘録:来週時間があったらやること | トップページ | MotoGPネタ2題 »