« クレイミング・ルール・チームズの詳細 | トップページ | スッター(シューター)のMotoGPマシンテスト »

テック3が来年以降のヤマハとの契約について話し合いを開始

MCNより。短いので全文翻訳。
============
カル・クラッチローが所属するテック3ヤマハが2012年2013年の2年間YZR-M1のリースを受けることについて、エストリルで話し合いを開始した。
エルヴェ・ポンシャラルはヤマハの経営陣とポルトガルで会談を行い、1999年カラ続くヤマハとの契約を更新出来るという感触を得たとのこと。
ポンシャラルはMCNにこう語っている。「こちらとしてもヤマハに留まりたいですし、先方も強くそう思ってくれていることがわかってよかったです。これから資金面についての合意を行うことになりますが、2012年、13年とヤマハとの契約ができることに自信を持っています」
イギリス人ライダーのカル・クラッチローはテック3と2012年までの契約があるが、アメリカ人のコーリン・エドワーズはの契約は今年までとなっている。
============
へぇ〜。テック3はCRTでいく可能性もあると思っていたのですが、ヤマハでいくんですね。

|

« クレイミング・ルール・チームズの詳細 | トップページ | スッター(シューター)のMotoGPマシンテスト »

コメント

更新お疲れ様です
テック3くらいしっかりとしたチームがCRTでやれば面白くなりそうなのに残念ですね
モト2でも自社フレームで参戦してるしなによりライオン丸もいるし(笑)

投稿: yuppe | 2011/05/06 09:32

>yuppeさん
 Moto2での苦労っぷりからみると、お金さえあるならM1の方がいいって判断なのかもしれません。でも確かにギ・クーロンのマシンも見たい気が。エンジンにお金がかけにくいですが、がんばればCRTの方がいい成績を残せるかもですし。

投稿: とみなが | 2011/05/06 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51584294

この記事へのトラックバック一覧です: テック3が来年以降のヤマハとの契約について話し合いを開始:

« クレイミング・ルール・チームズの詳細 | トップページ | スッター(シューター)のMotoGPマシンテスト »