« 公式リリース>フランスGP(リンク先のみネタバレ) | トップページ | ロレンソは相変わらずマシンに不満 »

ストーナーとドゥ・ピュニエは仲直りの方向

・・・というかドゥ・ピュニエが平謝りって感じですね。
ことの発端は決勝日のウォームアップ走行中、クルージング中のドゥ・ピュニエが後ろからフルスピードでやってきたストーナーの進路を妨害、怒ったストーナーがドゥ・ピュニエにパンチを繰り出したこと。これでストーナーは5,000ユーロの罰金を科せられました。映像はイタたわGPでどうぞ。
以下、両者のコメントをautosport.comより。
============
ドゥ・ピュニエ:「午前中の件については本当に申し訳なく思ってます。ブレーキの調整をしてたんですが、後ろには誰もいないと思ってたんです。そしたら突然ケイシーがフルスピードでやってくるのが目に入って、それでラインを空けようとしたら彼が同じ方向にやってきちゃったんです。まあ彼のやってこともなんなんですけど、それでも僕が悪いと思ってます。もう過ぎたことだし、彼に対して怒ってなんかいないですよ」

ストーナー:「ランディのところに話しに行ったら、すぐに謝ってくれました。僕も申し訳なく思ってましたから当然謝りましたよ。そりゃ時速200kmで走ってるところに100km/h以上も遅いライダーが走ってて、しかも自分のライン上にいたりしたら危ないですから、あまりいい気持ちはしないですよね。行き場がなくなっちゃったんですよ。画面ではわからないですけど、僕の右側はコース際に壁が迫ってたんです。だからそっちにはよけられなかったんです。
 ランディには謝ったし、ちょっと話をして、もうわだかまりはないですよ。それですんだと思ったのに罰金でしたね」
============
確かに映像を見るとドゥ・ピュニエにも問題はあるなあ。両者に罰金でもいいと思う。

|

« 公式リリース>フランスGP(リンク先のみネタバレ) | トップページ | ロレンソは相変わらずマシンに不満 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51687850

この記事へのトラックバック一覧です: ストーナーとドゥ・ピュニエは仲直りの方向:

« 公式リリース>フランスGP(リンク先のみネタバレ) | トップページ | ロレンソは相変わらずマシンに不満 »