« ポルトガルテストの様子 | トップページ | ペドロサはテストを早退 »

新型ドゥカティはフロントが進化>ロッシ

ポルトガルでのテストで投入された新型フレームがなかなかお気に召した様子のロッシのコメントをMCNから。
============
「フロント周りを新型にしたんだ。かなり良くなっているね。フィーリングもいいしラップタイムも改善できた。フロントタイヤの状態がよりわかりやすくなっているし、そこが一番いいところかな。フロントタイヤで何が起こってるかわかるってのは、すごく重要なんだ。
 もちろん次のルマンでは新型フレームを使うよ。トップとの差がまだ大きいのは残念だけど、タイヤを替えてアタックしようとしたところで肩が疲れてしまったんだ。シモンチェリのレベルまでは達していないけど、タイムシートほどは実際は離れていないと思う。もう少し速く走れると思うんだ。
 良いテストだったし、でもこれからも改善に向けてがんばらないとね。新型エンジンも、大きくは変わっていないけど加速がスムーズになっているし、あと2戦か3戦したら投入できるから楽しみだね。
(ブリヂストンの2012年型1000cc用タイヤについて)新型タイヤはすごくいいよ。フィーリングやエッジグリップがいいんでラップタイムが速くなるんだ。ブリヂストンが改善を続けてくれてうれしいよ。このタイヤを今シーズンから使えたらもっといいんだけど、それはどうなるかわからないんだよね」
============
MCNのマシュー・バート氏のツイッターでは、ロレンソがシモンチェリを非難したことについて「最近の若いライダーはみんな子猫ちゃんだねえ」と言ったとか。ルマンあたりでは肩も完調になって、(えげつない)トップ争いをしてほしいものです。

|

« ポルトガルテストの様子 | トップページ | ペドロサはテストを早退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51574713

この記事へのトラックバック一覧です: 新型ドゥカティはフロントが進化>ロッシ:

« ポルトガルテストの様子 | トップページ | ペドロサはテストを早退 »