« ストーナーとドゥ・ピュニエは仲直りの方向 | トップページ | GPweek誌から青山博一のインタビュー »

ロレンソは相変わらずマシンに不満

みんな忘れてるかもしれないけど、実は結構きわどい追い抜きをドヴィツィオーゾに仕掛けて、ロッシには「あの追い抜きもシモンチェリと同じように危ないんだから、自分で危険がことはだめだと言っておきながら、おかしいよね。あれもペナルティものだよ(speedの記事より超意訳)」なーんて言われてるロレンソですが、午前中のウォームアップで傷めた右手の指の状態もさることながら(autosport.com)、マシンにもかなり改善の余地があるとこぼしています。MCNより。
============
「多かれ少なかれ去年からマシンに問題をひきずっているんです。ホンダはもうかなり改善されてきてる様子ですけど。こっちは悪くなってはいないですけど、良くなってもいないんですよ。去年と余り変わっていないこの状態では、去年と同じ勝利数は期待できませんよね。コーナー立ち上がりと低速コーナーでの問題が大きいんです。
 他のヤマハライダーと同じで、僕のマシンもウィリーがひどいんです。だからストレートでコンマ何秒かロスしてしまう。それにマシンが同じようには曲がらなくて、タイヤがたれてくるとマシンの挙動が大きくなるってウィリーもひどくなりますね。コースによっても違うんですよ。エストリルではストーナーに5秒差をつけて勝てたのに、今回は20秒差で負けたんですから。去年ほどにはアドバンテージがないのは確かですけど、それよりコースによっていけるところと、いけないところが分かれちゃうんですよ。
(午前中のクラッシュについて)あれは完全に僕のミスです。ピットからでるときに気持ちが逸りすぎて、最初からペースを上げ過ぎちゃったんですよ。いつもなら冷えたタイヤの時は気をつけるようにしてるんですけどね。でもあのことはひきずっていません。ミスはしたけど、これで学習して、これからは1周目は気をつけるようにしますよ」
============
とは言え、きっちりポイントを稼いでいるあたり、やはりチャンピオン候補の最右翼でしょう。

|

« ストーナーとドゥ・ピュニエは仲直りの方向 | トップページ | GPweek誌から青山博一のインタビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51688218

この記事へのトラックバック一覧です: ロレンソは相変わらずマシンに不満:

« ストーナーとドゥ・ピュニエは仲直りの方向 | トップページ | GPweek誌から青山博一のインタビュー »