« シモンチェリーペドロサ問題に関するランディ・マモラの見解 | トップページ | エリアスに2011年型シャーシ »

DORNAとしては日本GP開催の方向で

MCNの記事より。大事な記事なので全訳。
============
チームとパドック関係者に宛てた延期された日本GPに関する書簡が明らかにするところによれば、ドルナは10月初めの日本GP開催に向けて進んでいく方針のようである。

ヴァレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、ケイシー・ストーナー、マルコ・シモンチェリといったトップライダーたちは、未だ2011年のMotoGPカレンダーから消えていないツインリンクもてぎでのGP開催に重大な懸念を表明している。

日本GPは当初4/24に開催の予定であったが、大地震と津波により延期されている。

多くのライダーとチームは、もてぎから120kmほどしか離れていない福島原発の大事故の影響を心配しているのである。

しかしMCNが入手したIRTA(国際レースチーム協会)からフランスGP期間中に全チームに宛てて出された書簡によれば、日本GPをキャンセルする予定はないとのことである。

書簡にはこうある。「パドックにおいて日本GPが延期されるとか開催されないとかの噂が蔓延していますので、状況をはっきりさせたいと思います。
安全委員長であるクロード・デニスが先週もてぎサーキットの検査を行いました。彼のレポートによれば、まだコースに微少な被害がのこっているものの、GP開催までには全舗装される予定であり、サーキットの施設はGP開催に何の問題もないとのことです。また、このレポートではサーキット周辺の建物やインフラにはほとんど被害がないことも報告されています。東京国際空港からサーキットまでの往復には全く問題がありませんでした。
ドルナは主催者からもGPのキャンセルまたは延期に関する要望を受け取っていません。サーキットまたは環境に対する何らかの変化がなく、主催者からキャンセルの要望が出されない限り、ドルナとしては予定通りGPを開催する予定とのことです」
============
最後の文章は、もてぎに向けて「キャンセルの要望を出せ」と言っているように見えるのはうがちすぎでしょうか?

|

« シモンチェリーペドロサ問題に関するランディ・マモラの見解 | トップページ | エリアスに2011年型シャーシ »

コメント

確かに、ライダー達が放射線を心配しているのに、「インフラが大丈夫」というだけでは、全然回答になっていませんよね。
回答になっていない回答を掲載しているところなどは、とみながさんの読み通り、プレッシャーをかけていると解釈できる気も…

投稿: Takeni | 2011/05/26 22:00

>Takaniさん
 ですよねぇ。っつーか日本だから来て欲しいって思うけど、これがフランスとかの原発事故なら、ふつう行かねえって思いますよねえ。はぁ。

投稿: とみなが | 2011/05/28 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51775620

この記事へのトラックバック一覧です: DORNAとしては日本GP開催の方向で:

« シモンチェリーペドロサ問題に関するランディ・マモラの見解 | トップページ | エリアスに2011年型シャーシ »