« 今日の投稿画像 | トップページ | ドゥカティの2012年型へのヘイデンのコメント »

ドゥカティの2012年型へのロッシのコメント

先日のヘレスでのドゥカティGP12(2012年型1000ccマシン)のテストに対するロッシのコメントを、ドゥカティのプレスリリースより。
============
「うれしいですね。GP12は気に入りましたよ。僕の意見では、ライディングをより楽しめるようになってると思います。サーキットを走るのは初めてなんで、やらなきゃいけないこともありましたけど、エンジンは良くなってますね。本当に楽しいんです。それにスライドもうまくできるしね。これが来年型になるわけですけど、どのメーカーより先にサーキットを走れたことは重要だし、それにいいことですよね」

チーフメカのフィリッポ・プレツィオージのコメント:「今日はヴァレで明日はニッキーと、ワークスライダーに最初のテストをやってもらうことにしたのは、開発の早い段階で彼らのコメントをもらうことがすごく重要だからです。丸一日ヴァレとテストができるなんて、技術者としては望外の喜びですよ。ヴァレからのフィードバックを集めて、それを来年型のマシンの設計に反映させることになります。2010年に開発を始めた段階でエンジンとリアエンドの基本は決まっていて、エンジンはビッグバンでいくことにしていたんですが、これをヴァレンティーノが支持してくれたんでよかったです。すごく満足していますよ。それにこれからやることについても希望が持てましたから。ライバルも2012年型に向けてがんばっているはずですけど、チャレンジのしがいがあるってものです」
============
映像はこちら。


GP関連おちゃらけサイトのTwitGPは、走行シーンでエキゾーストノートが消えていることについて「ライバルにエンジンの状態を知られたくないのか、またはアマチュアビデオにありがちな、風の音が入ってしまったんで音楽を入れてるんじゃないか」と茶化しています。さもありなむ。

|

« 今日の投稿画像 | トップページ | ドゥカティの2012年型へのヘイデンのコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51341177

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥカティの2012年型へのロッシのコメント:

« 今日の投稿画像 | トップページ | ドゥカティの2012年型へのヘイデンのコメント »