« モアパワー!とロレンソ | トップページ | ロッシは手を抜いてなんかいない、とエドワーズ »

ホンダにぞっこん!とシモンチェリ

GPoneのインタビューより。
============
−他のHRCワークスのライダーと対等に戦えると思いますか?
「ええ、そう思います。6日間のテストで、ストーナーやペドロサと同じレベルにいられましたから」

−でも、コーナーをショートカットしましたよね?
「IRTAの人がやって来て、僕がコーナーをショートカットしたって言ったから大笑いしてやったんだ」

−今年のマシンの状況はどうですか?
「ホンダは2種類のフレームを用意してくれたんですが、タイムも変わらないしフィーリングも同じなんで、あんまりそこに時間をかけたくはないと思っています。2011年型のフレームを使う予定です。今のところホンダが最高のマシンですね」

−あなたは明るい性格でイタリア中の人気者ですが、有名になって何か変わりましたか?
「世界チャンピオンになってすごく生活が変わりましたけど、友達は昔から何も変わらないし、ガールフレンドのケイトもずっと同じだよ。ケイトについて言えば、”契約更新"ってところですね」

−結婚するんですか?
「いや、そういうことじゃないですよ」

−ストーナーが来てホンダのレベルは上がりましたか?
「間違いないですね。自分と同じマシンで速く走るライダーがいればモチベーションは上がりますよね。でもまあペドロサ一人で十分でしたけど」

−ホンダのギアボックスについてはいろいろ言われていますが・・・
「もう都市伝説になってますよね。ちょっと大げさすぎる話になってるというか。大事なのは他のライダーと走ったときのタイムなんですよ。レースが始まれば何が必要になるか良くわかるでしょう。テストだとほとんど一人で走ることになりますから、何もかもがうまくいってるように思えちゃうんです」

−何年もヴァレンティーノといっしょにトレーニングしてますよね。前に、ヴァレンティーノからいろいろ学んでいると言ってました。テストでは彼より速かったですが、どんな気分ですか?
「彼は僕の目標でしたからすごく良い気分です。ミニバイクでレースを始めて、125に行って、いつでも彼を目指してきました。今は彼が100%ではないけれど、レースで前を走れたらすごくうれしいでしょうね」

−最近彼と話しましたか?
「ええ、最初のテストの後で彼に会いましたよ。ハッピーそうでしたけどね。2度目のテストの後はどうかわかりませんけど。たぶんちょっと残念な気持ちでしょう。でもイタリアに戻ってきてからは話してないんです」

−じゃあモトクロスのトレーニングもなし?
「そうですね。シーズンも始まるんで危ないことはできませんし」

−2009年に博一とすごいバトルをして、そのときは彼が勝ってタイトルを獲ったんですが、彼とはうまくいっていますか?
「今でもそのときのことを思い出すと『うぁぁ』って気分になるんですが、でもあの年はミスをしなかった彼が僕より優れていたんです。僕の方が速かったけど、ミスが多すぎましたね。まあ終わった話で、今は二人ともMotoGPにいて、ライバルは彼だけじゃないんです」

−去年のひどいスタートに比べて今年はすごくいいですけど何が変わったんですか?
「一言では言えませんね。2011年型に乗ったら、すごくいいフィーリングだったんです。僕も徐々に進歩してるんです」

−レースの前には聖カルロ(サン・カルロ)に祈りますか?
「いや、それはないでしょう」
============
ん?博一に対しては微妙な感じなのかな?

|

« モアパワー!とロレンソ | トップページ | ロッシは手を抜いてなんかいない、とエドワーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/51025540

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダにぞっこん!とシモンチェリ:

« モアパワー!とロレンソ | トップページ | ロッシは手を抜いてなんかいない、とエドワーズ »