« ヤマハレース参戦50周年はノースポンサーの模様 | トップページ | セパンテスト1日目の結果 »

ホンダMoto3バイクについて、HRCのボス、中本修平氏が語る

MCNより。
============
「もてぎと菅生でテストを行いました。Moto3マシンをスタンダードのRS125と比較すると、1.5〜2%ラップタイムが速くなっていますね。
 つまりRSのキットバイクとは互角に戦えるんですけど、アプリリアのワークスマシンが相手だと、ちょっときついということでもあります。
 単気筒で50馬力はちょっと難しいですね。もちろん回転をあげればパワーを稼げるんですが、その分フリクションも増えますから。まあ16,000回転は必要なくって、14,000回転くらいが適当ではないでしょうか。
 馬力は45psくらいになると思います。超ハードなチューンをすれば50馬力もいけますけど、エンジン寿命が短くなってコストが上がるんですよ。Moto3は、レースのコストを下げるために導入されたんで、それでもマシンの戦闘力があれば、それはベストですけどね」
============
ちなみにとみながのSR(単気筒534cc)は42馬力。重さを別にすればMoto3と互角に戦えるかも(←それはない)。

|

« ヤマハレース参戦50周年はノースポンサーの模様 | トップページ | セパンテスト1日目の結果 »

コメント

STDのRS125と比べると、出力は似たようなものでだいぶ重くなったそうですが、
そのキット車と互角に勝負できると言うのが凄い
しかし4stのしかもロードレーサーで後方排気とは、ホンダも思い切ったものですね

投稿: nobody | 2011/02/22 18:10

>nobodyさん
 たぶん過渡特性がいいんでしょう、2stと比べると。
 いろいろ変態マシンがたくさんでてくるといいですねヽ(´▽`)/

投稿: とみなが | 2011/02/22 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/50934321

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダMoto3バイクについて、HRCのボス、中本修平氏が語る:

« ヤマハレース参戦50周年はノースポンサーの模様 | トップページ | セパンテスト1日目の結果 »