« セパン2日目、ストーナーのコメント | トップページ | セパンテスト2日目、ヘイデンのコメント »

セパンテスト2日目のコメント いろいろ

Motomatters.comに掲載された各社プレスリリースより。
============
青山「今日は昨日からやっているいろんなセッティングのテストを行いました。シーズンが始まるまでに決めておかなければならないことがたくさんあって、それを理解しておかなければなりませんからね。かなり方向性は定まってきたんで、今日の結果には満足しています。チームもホンダも同じように満足してくれてると思いますよ。ただラップタイムにはまだ満足していません。でもラップタイムを出す前にやることがたくさんありますから。明日はもっと良いタイムが出せると思います」

ロレンソ「今日は暑かったんで、きつかったですね。新型の進化を確かめるために、2011年型に加えて、今日はテストバイクも試しました。方向性が正しいことは確認できたので明日は自分のM1をテストバイクの方向にもっていくことにしました。トラクションは本当によくなっています。あとはパワーですね」

ペドロサ「今日は主にサスペンション周りをテストしました。午前中は新型フロントフォークを試したんですが、ブレーキングのフィーリングが良くなってますね。午後はリアショックを試しました。こちらはリアタイヤの接地感が良くなってます。ですから今日オーリンズといっしょにやった仕事には満足してます。この他には、フレームも複数試したんですが、明日は今シーズンどちらのフレームでいくかを決定したいと思ってます。どっちのフレームもいい感じなんですが、重要な決定になるので、じっくり考えないといけません。MotoGPに来て、こんなにいいプレシーズンテストは2006年の990ccのテスト以来ですね。2006年もテストではすごくいい感じで、おかげでシーズン開幕には自信をもって臨めました。そのときと同じような感じなんです。マシンは必要なところできちんと反応してくれます。とは言え、最初のレースをやってみないと、どこで勝てて、どこで負けてるかはわかりませんけどね。ヤマハも開幕までには仕上げてくるでしょうから油断はならないと思ってます」

ヘイデン「今日はうまくいったとは言えないですね。ちょっと問題の解決に時間がかかってしまったんです。今日一日の総括のためにニュータイヤで最後に走ろうとしたんですが、ギアボックスに問題が発生してしまって、コースに出る時間がなくなってしまったんですよ。とは言え、44周走れたんで、それなりの成果はありましたね。チームも一生懸命がんばってくれたんで、いつものように感謝したいです。まだトップグループとの差は大きいですけど、チャタリングも解消されてきてますし。まだ完全に解消できたわけではないですが、他のことに集中できるくらいには良くなってきてますね。明日もたくさんやることがあるので、いい感じでセパンを後にできるといいと思います」

ドゥ・ピュニエ「思ったほど速く走れませんでしたね。まだブレーキングとコーナー進入で問題を抱えてるんです。攻めれば攻めるほどラップタイムが上がっちゃうんですよ。明日は昨日と同じベーシックなセッティングでいこうと思います。今日のセッティングはあまり良くなかったんで。明日の目標はラップタイムを良くして、開幕用のセッティングを見つけることですね」

カピロッシ「今日は技術的なことに注力したんで、明日はラップタイムを削ることに集中しようと思います。いくつか改善策はみつかりました。自信はありますし、明日はベストラップをより良いタイムにできると思います。今日までのところソフトタイヤもつかっていませんしね」
============
苦しむドゥカティ勢の中にあって、あくまでポジティブなカピロッシ。スズキ時代の苦労の賜かしらん。

|

« セパン2日目、ストーナーのコメント | トップページ | セパンテスト2日目、ヘイデンのコメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/50954059

この記事へのトラックバック一覧です: セパンテスト2日目のコメント いろいろ:

« セパン2日目、ストーナーのコメント | トップページ | セパンテスト2日目、ヘイデンのコメント »