« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ヤマハのクローンを作るつもりはない、とドゥカティ »

私が一番、とアゴスチーニ

Motorevueがジャコモ・アゴスチーニにインタビューしているのをFaster and Fasterが一部翻訳してくれてます。
史上最高のライダーは自分ですと。
============
−自分の持つ最多勝記録(122勝)をロッシが破る可能性について
「その可能性はありますね。当然ロッシは破ろうとするでしょうし。もし自分が同じ立場だったらそうしますし。でも記録が破られないことを望みますよ」

−自分の時代と現在を比べて
「勝つのはいつだって難しいですよ。自分の能力を100%引き出して闘わなければならないのです。ただ私の時代は毎週誰かしら死んでいたってことですね。今はずっと安全になりましたし、それはよろこぶべきことですよ」

−誰が史上最高のライダーか
「ヴァレンティーノにその質問をしたら、自分だって答えるでしょうね。もしマイク・ヘイルウッドに同じ質問ができたら、同じことを答えたでしょうし、フィル・リードも自分が最高だと思っているでしょう。だから、私が自分が一番だと思っていてもおかしくないでしょ?」

−誰がロッシの後継者か
「間違いなくホルヘ・ロレンソでしょう。彼はまだ22歳ですし、すごい才能も持っています。ヴァレンティーノほどカリスマ的ではありませんが、チャンピオンを決めるのはカリスマ性じゃなくてレースでの勝利数ですからね。ホルヘも歴史を作ることになるでしょう」

−GPはどのように変わってきたか
「何もかも変わってしまいました。進歩していることについては、もうこれは仕方が無いですよね。あと雰囲気も30年前とはずいぶん変わってます。私の時代はもっと家族的で、つながりも深かったですね。もっともそのころは1チーム7〜10人くらいで、すぐにみんなのことを覚えられたんですけどね。今じゃあ1チーム30人くらいいるし、そうなるとみんなが同じ気持ちってわけにはいきませんから」
============
みんな自分が一番だと思っているのは真実かもしれないけど、それを口にするかどうかは別問題だな。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ヤマハのクローンを作るつもりはない、とドゥカティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/50480370

この記事へのトラックバック一覧です: 私が一番、とアゴスチーニ:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ヤマハのクローンを作るつもりはない、とドゥカティ »