« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

ロレンソはゼッケン1

あっちこっちで同じ文章が紹介されてるんで、たぶん元ネタはプレスリリースっぽいですが、とりあえずautosport.comより、今年はゼッケン1をつけるロレンソのコメント。
============
「ゼッケン1をつけるには、本当にハードに働かなきゃいけないんで、すごく誇りに思います。今回のデザインは『1』と僕のイニシャルである『JL』がデザインされていて、他のイニシャルだったらこんなにうまくいかなかったと思うと、ラッキーかな。ファンも気に入ってくれるとうれしいです。
 でも今シーズンも99番を忘れることはないでしょう。たぶんツナギのどこかには入れると思うし、そもそも心に刻まれていますから。ゼッケンを変えるという決断は難しかったですけど、1をつけられる機会はそうそうないと思って、1にしたんです」
============
ここんとこ、1をつけたライダーは連勝できないってジンクスになってるような気がしたけど、単にロッシが強いだけなんだな。ロッシの前はドゥーハンが1をつけてましたもんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日々のよしなしごと

眠れない夜にふと思い立って、SRを楽ちんにすることを決意。あんまり乗っていないのも、楽ちんじゃないからだよな〜と思ったのですよ。
まあ、詳細はお披露目後にしますが、みなさんのご想像ははずれてないです、きっと。屋根とかセルとかはないけど(笑)。
そんなわけで久しぶりにSRのカスタムパーツを物色しました。物欲ってわけじゃないですが、それでもwebikeとかヤフオクとかを巡回するのが楽しかったです。なんか、カスタムぐんぐん進行中のころみたいで、懐かし楽しい感じ。でも、ヤフオクはSR関係パーツへの入札が減ってる感じがしてちょっと寂しかったのも事実。やっぱ、SRシーンは盛り上がってないのかしらん。昨日、楽ちん計画のパーツ購入のためにオレブルに行ったら、店長の和田さんが「最近はノーマルで楽しむ人が増えてるんですよ」って言ってたしな。まあ、それはそれでいいんだけど。

んで、それともうっすら関連しつつ、手持ちのキャブセッティングパーツを確認してみようとして、虫眼鏡か老眼鏡を使わないとジェットの刻印が読めないことが判明。とほほ。その上、使い道のわからないジェットがあったりして、たぶんFCR-MXのスタータージェットとか、MAJとか、そんなもんだと思うのだけど、狂ったようにキャブセッティングやってたころには考えられなかったことで、これまたちょっといかんなあ、と思ったのでした。

ま、なにはともあれパーツがそろったら、またガレージでちまちまやることになるんですが、楽しみだ〜。ちなみにつかわなくなったパーツはヤフオクに出すものと、使いたい方に無料貸与のものとありますので、これもお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バウティスタはやる気だよ

CRASH.netより(元ネタはたぶんプレスリリース)。

============
「今シーズンは1人体制だけど、去年はけっこうがんばったしマシンも改善されてきてるから、自信はあるよ。
 去年は5位が2回あって、よくがんばったと思う。でも今年は表彰台を狙えるレースもしたいね。シーズン前にいい仕事ができれば不可能じゃあないだろう。
 たった一人のワークスライダーなんで、チームは僕の要求だけに集中してくれるしね。もしもう一人いたら、僕とは別の方向性の要求が出てくるかもしれなかったけど。僕だけのために働いてくれるなんて、悪くはないと思うよ。僕からのフィードバックだけがチームを動かすんだから。
 ヴァレンティーノがヤマハに移籍したときは、マシンは他のチームより劣っていたかも知れないのに、彼は勝つことができたよね。だから一生懸命がんばって、やるべきことを見失わなければ、マシンは良くなっていくはずだ。スズキにはその力はあると思うし、まずはこの冬の間に何ができるか観てみないとね。
 どのれーすでどんな風に勝てるかはわからないけど、ライバルたちは優勝経験も、それどころかロレンソみたいにチャンピオンの経験もあって、でも他のクラスでは僕が勝ったりしてるんで、最高峰クラスでも勝てないってことはないと思うよ。もちろん簡単なことではないし、すごくがんばらなきゃならないことはわかってるけどね」
============
ほんとに「がんばる」って感じのことを何度も繰り返してるので、楽観はできませんが、期待はしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年 暫定エントリーリスト

発表されてます。(CRASH.net:125ccMoto2MotoGP

125ccには小山知良(アプリリア)と尾野弘樹(KTM)、Moto2には高橋裕樹(モリワキ)、MotoGPには青山博一(ホンダ)がエントリー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシから学ぶものも多かった、とロレンソ

ここんとこばたばたしていてすっかり更新を怠っていましたが、ぼちぼち再開。マレーシアテストも始まりますしね。
というわけで、今日はロレンソネタ。インドネシアの新聞に語っています。CRASH.netより。
============
「(チャンピオンの座を守れるかきかれて)先のことは誰にもわかりませんからね。チャンピオンになれたら最高ですけど、ヤマハでMotoGPを走れるだけで幸せなんです。
 チャンピオンにはなれましたけど、まあ過去の話ですよ。またトップを目指して2011年を闘うことになるんです。集中してかからないといけませんね。
 ケイシー(ストーナー)が最大のライバルだって言い続けてますが、それは彼がいちばん速いライダーの一人だからです。ヴァレンシアテストの結果を見ても、ベストタイムは接近してますから。
 初戦のカタールで何が起こるかは誰も判らないでしょう。ナイトレースは観る分にはきれいですけど、他のサーキットとは違うんで、ケイシーでも僕でもない誰かが勝つかもしれません。
(ロッシについて)彼はまだドゥカティで2日しか走ってないですから、ドゥカティに乗った彼がどうなるのかはわかりませんね。彼は最高のスポーツマンだし、イメージも良いですよね。9回もタイトルを獲ってるし才能もあるから、ドゥカティでも勝てるでしょう。でもドゥカティでチャンピオンを獲ったのはケイシーだけだってことも忘れてはいけません。
 今の状況には満足してますよ。もしタイトルが獲れなくてもそれでもハッピーですね。もちろんまたタイトルが獲れたら最高ですけど。今年はマシンもずいぶん変わるし、ベン・スピーズという若くて気合いの入った新しいチームメイトも加入しました。闘いは相当面白いことになるでしょう。
 僕はロッシからいつでも学ばせてもらってました。それでマシン開発に関しては彼と同じように細部まで完璧主義になったんです。
 これからはヤマハとしても頭を使ってマシンの状態を把握しなきゃなりません。基本的にはパワーと加速をもっと手に入れることですね」
============
ま、要するに「ずいぶん学んだから、ロッシがいなくてもがんばれるぜ」ってことなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩の治りが思いの外遅い、とロッシ

F1フェラーリとMotoGPドゥカティの共同新年発表会が11日に行われてます。
そこでのロッシのコメントをautosport.comより。新ツナギとかの写真はこちらでどうぞ(MCN)。
============
「もう少し良くなってると思ってたんだけど、まだまだですね。でも2月のテストでみっともない姿を見せるわけにはいかないので、いいチャレンジですよ。
 3月20日のマレーシアでの初戦の段階では、まだ完調とは言えない状態だと思います。でもできるだけいい状態でマシンにまたがりたいと思ってます。時間との戦いですね。肩の状態は思っていた以上に悪かったんです。
 100%になるのは4月か5月でしょう。ファンのみんなには少し辛抱してもらわなきゃね。残念なことに20歳の頃とは違うんですよ。でもモトクロスでの練習中とムジェロでのクラッシュは起こっちゃったことだし、でも引退なんかは考えなかったですよ。
 移籍したのはすごいモチベーションになってます。あと2〜3年はトップレベルにいたいですね。
 今シーズンのライバルはロレンソとストーナーでしょう。ロレンソはマシンのことを知り尽くしているし、ストーナーはホンダに乗りますからね。相当手強いですよ。
 ホンダのストーナーは本当に速いと思います。新しい環境への適応力は天才的ですし、マシンとの相性もいいみたいですし。僕はまだマシンとの相性が完璧とはいえませんから。ですから、できるだけマシンに乗る時間を作りたいですね。
 ドゥカティは他のマシンとは全然違いますよ。ある意味、真のプロトタイプと言っていいんじゃないでしょうか。日本のメーカーとはコンセプトからして違うんです。デスモセディチで走るには、これまでより荒っぽくなきゃいけないんですよ」
============
しかしツイッターのTLもバイク雑誌関係サイトもみんなロッシで埋め尽くされてる。ニッキーもいるんだよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイネーゼからアルパインスターに>ロレンソ

なんかロッシのことばっかりひいきしてるのに嫌気がさして、ロレンソはツナギをダイネーゼからアルパインスターに替えるとSuperbikePlanetが伝えてました。いや、それだけですが、一応ロレンソレプリカを作ろうとしている人向けに、ご注意をってことで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年ウィンターテストのスケジュール

備忘録がわりにCRASH.netより。
============
MotoGP
 2月1−3日 マレーシア セパン
 2月22−24日   〃
 3月13−14日 カタール ロサイル(夜間テスト)

Moto2/125cc
 2月10−12日 スペイン ヴァレンシア
 2月15−16日 ポルトガル エストリル
 3月4−6日   スペイン ヘレス(ここでMoto2の今シーズン用レースエンジンがお目見え)
============
開幕は3/20のカタールです。もうすぐだねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハのクローンを作るつもりはない、とドゥカティ

ドゥカティのチームボス、ヴィットリアーノ・グアレスキへのインタビューをautosport.comより。元ネタはガゼッタ・デロ・スポルト紙です。
============
「新しいチームスタッフもずいぶんなじんできています。ずいぶん長いこと日本メーカーで過ごしてきてましたが、もうドゥカティ流のクラフツマンシップを持ってくれてます。
 ジェリー(バージェス)のおかげで、ずいぶん私も楽になってます。総体的には問題はありませんね。マシンは改良レベルでOKですし、ヤマハのコピーにするつもりは全然ないですよ。
 基本的にはヴァレンティーノ指摘に基づいて改良を進めています。確かにテストでのラップタイムは良くありませんでしたが、彼の肩の状態がわかった今となっては、それも納得できるものです。ドゥカティのマシンはハンドルをかなりの力で操作しなければならないんです。でもテストしたヴァレンシアではほとんど力が入らなかったみたいですからね。

そしてチーフメカのフィリッポ・プレツィオージのMotosprint誌へのコメント。
「まずは最短時間で改良パーツを用意できるような状況を作り上げました。とりあえずリストに優先順位をつけて、重要なパーツに集中するようにしたんです。
 ヴァレンティーノが加入するのは、単に速いライダーをチームに迎え入れたというだけでなく、マシン開発の正しい方向を示してくれるライダーを手に入れたということでもあるんです。ですから会社の重要な資産を最大限に活かしたいですね。
 ヴァレンティーノのこめんとによれば、方向性を極端に変える必要はないようです。でももし必要なら、それも覚悟してますよ」
============
まあ、去年から続く「すべてはヴァレのため」って路線は変わってないってことですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私が一番、とアゴスチーニ

Motorevueがジャコモ・アゴスチーニにインタビューしているのをFaster and Fasterが一部翻訳してくれてます。
史上最高のライダーは自分ですと。
============
−自分の持つ最多勝記録(122勝)をロッシが破る可能性について
「その可能性はありますね。当然ロッシは破ろうとするでしょうし。もし自分が同じ立場だったらそうしますし。でも記録が破られないことを望みますよ」

−自分の時代と現在を比べて
「勝つのはいつだって難しいですよ。自分の能力を100%引き出して闘わなければならないのです。ただ私の時代は毎週誰かしら死んでいたってことですね。今はずっと安全になりましたし、それはよろこぶべきことですよ」

−誰が史上最高のライダーか
「ヴァレンティーノにその質問をしたら、自分だって答えるでしょうね。もしマイク・ヘイルウッドに同じ質問ができたら、同じことを答えたでしょうし、フィル・リードも自分が最高だと思っているでしょう。だから、私が自分が一番だと思っていてもおかしくないでしょ?」

−誰がロッシの後継者か
「間違いなくホルヘ・ロレンソでしょう。彼はまだ22歳ですし、すごい才能も持っています。ヴァレンティーノほどカリスマ的ではありませんが、チャンピオンを決めるのはカリスマ性じゃなくてレースでの勝利数ですからね。ホルヘも歴史を作ることになるでしょう」

−GPはどのように変わってきたか
「何もかも変わってしまいました。進歩していることについては、もうこれは仕方が無いですよね。あと雰囲気も30年前とはずいぶん変わってます。私の時代はもっと家族的で、つながりも深かったですね。もっともそのころは1チーム7〜10人くらいで、すぐにみんなのことを覚えられたんですけどね。今じゃあ1チーム30人くらいいるし、そうなるとみんなが同じ気持ちってわけにはいきませんから」
============
みんな自分が一番だと思っているのは真実かもしれないけど、それを口にするかどうかは別問題だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます。

なんかまだおとそ気分ですが、そろそろ再開します。

今年の目標はmixiでも書きましたが「忙しいけど追い詰められない」。そのために「お願い上手」&「いっぱい仕事をする人」になることです。
ほら、自分がいっぱい仕事をしないとお願いしても受けてもらえないってことで。

みなさま今年もよろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »