« 2012年からの電子制御抑制の効果にストーナーは懐疑的 | トップページ | ドゥカティの最大の関心事はロッシの回復 »

ダニ・ペドロサのお子様向け本

お子様向けペドロサストーリーがスペインで出版されたとのこと。タイトルは「二人の妖精とダニ・ペドロサ」。
MCNよりペドロサのコメントを。
============
「幼い頃レースをテレビで観てから、レーサーになるのはずっと夢でした。最初は遊びだったのが人生そのものになったんです。
 子供たちはみんな夢を持っていますが、一番大事なのはその夢に向けてがんばることなんです。どんなに実現が難しくてもですね。そして努力することが本当に大事なんです。才能だけでは足りないんですよ。
 子供時代にはそういうことを学んでほしいんです。子供にはやさしくしたいと思ってます。だって、子供は世界中で最も高貴な人たちですからね」
============
ペドロサ自身が妖精っぽいってのはおいといてだな。

|

« 2012年からの電子制御抑制の効果にストーナーは懐疑的 | トップページ | ドゥカティの最大の関心事はロッシの回復 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/50370831

この記事へのトラックバック一覧です: ダニ・ペドロサのお子様向け本:

« 2012年からの電子制御抑制の効果にストーナーは懐疑的 | トップページ | ドゥカティの最大の関心事はロッシの回復 »