« 戦利品 | トップページ | ダニ・ペドロサのお子様向け本 »

2012年からの電子制御抑制の効果にストーナーは懐疑的

だそうで。
MCNより。
============
「実際、電子制御があった方が、よっぽど安全なんだ。派手なハイサイドも防げるし、コーナー入り口での過剰なエンブレも防いでくれる。
 シフトミスで回転が上がりすぎた時でも大丈夫だしね。ドゥカティでは、エンジンに何かあった場合はセイフティ・モードに入るんだ。つまり何か問題があった時でも助けてくれるってことだね。
 もし油圧が下がったら安全回路が働くようになっている。安全面では電子制御の役割はすごく大きいし、おかげで事故が防げてるんだと思うよ。
 確かにもっとドリフトとかしたいとは思うけど、誰がやったところで速く走れるということにはならないだろうね」
============
つまりドゥカティで電子制御の恩恵を相当受けてたってことなんでしょうね。

|

« 戦利品 | トップページ | ダニ・ペドロサのお子様向け本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/50370755

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年からの電子制御抑制の効果にストーナーは懐疑的:

« 戦利品 | トップページ | ダニ・ペドロサのお子様向け本 »