« ロッシは自分のやってることがちゃんとわかってるよ、とヘイデン | トップページ | ホンダはストーナーとペドロサのどっちを選ぶのか? »

要するにメランドリはロッシではなかったということね

ってな記事がMotomatters.com(元ネタはMotosprint.it)に載っています。

ロッシのテストタイムについて聞かれたメランドリが語るには、自分も同じ目にあったと。ただし自分の言うことをドゥカティは全然聞き入れてくれなかったので、仕方なくライディングスタイルを変えようと努力したこと、ロッシの言うことは聴いてくれてそうなこと、自分の時にはドゥカティは問題を解決するために精神科医が送ってきたこと、なんぞを語っています。

そして最後に「ロッシが状況を変えようとしてるかどうかはわからないけど、彼ならできるだろうね。でもうまくいくかどうかはわかんないよ」と曰ってますよ。

負け犬の遠吠えととるか、先人からの警告ととるかはあなた次第。

|

« ロッシは自分のやってることがちゃんとわかってるよ、とヘイデン | トップページ | ホンダはストーナーとペドロサのどっちを選ぶのか? »

コメント

どうしてもホンダからヤマハに乗り換えた最初のレースでビアッジをうっちゃったことを思い出してロッシなら何かしてくれそうなオーラを感じるからなあ。
メランドリ、そんなこと語らなければ良いのになあ。やっぱり負け犬の遠吠え感は拭えない。

投稿: サトウ | 2010/11/20 09:16

>サトウさん
 たぶんロッシは最初から速いんでしょうねぇ。マレーシアテストでどんな感じになるのか今から楽しみです。
 でもメランドリも辛かったんだと思いますよ(泣)。

投稿: とみなが | 2010/11/20 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/50075658

この記事へのトラックバック一覧です: 要するにメランドリはロッシではなかったということね:

« ロッシは自分のやってることがちゃんとわかってるよ、とヘイデン | トップページ | ホンダはストーナーとペドロサのどっちを選ぶのか? »