« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

ロッシにとって2010年が最低だった理由

イタリアのテレビのインタビューでロッシが語ったところによると・・・。GPoneより。前後にいろいろ言ってはいるのですが、何分、不自由なイタリア語-英語自動翻訳ベースなので、その「理由」だけ翻訳。
============
「ドゥカティに行ったら、ヤマハの時よりプレッシャーがきついだろう。だって、最初から勝ちを求められるからね。勝利への情熱で走ってるんだけど、勝つことだけで幸せになれるわけじゃない。朝起きて、今日は特別な1日になると思っても、そうでないこともあるし。
 例えば今年なんか、ロレンソがMotoGPのチャンピオンになって、ビアッジがスーパーバイクのチャンピオンになって、もうこれ以上最低なことってないよね。
(サッカーについて)インテルは今年の最高の楽しみだよ。モウリーニョ前監督のことも大好きだけど、ベニテス監督もなかなか賢いサッカーをしてると思う。イブラモビッチ?まあ過去を懐かしんでもしょうがない。もっとも、会長に、バルセロナのメッシをとってくれって頼んだことはあるけど」
 そして最後に、
「いつかはパパになりたいね」
============
まあ、公開されるテレビでの発言なので冗談交じりなんでしょうね。「パパになりたい」ってのはビアッジがうらやましいのか(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヴァレンシアでドゥカティのテストをしたらすぐ手術>ロッシ

ポルトガルGPでのプレスカンファレンスでのコメントです。CRASH.netより。
============
「イタリアで肩の検査をしたんだけど、特に悪くはなっていなかったから、シーズンは全うできるかな。ちょっと前までは、最終戦まで走れるかどうかわからなかったから、よかったよ。
 ヴァレンシアでのドゥカティのテストを許可してくれたヤマハには感謝している。天気が良いといいな。
 テストが終わったら、すぐにイタリアに戻って、怪我した肩の手術をするんだ。
 ここ3戦の結果は悪くなかったと思う。順位もよかったし、いいレースができて表彰台にも昇れたしね。できれば最後の2戦は優勝で飾りたいと思う。
 エストリルはサーキットと言うより公道に近くて難しいコースだけど、アップダウンも激しいし、難しいコーナーもあるし、低速コーナーから高速コーナーまでそろっていておもしろいんだ」
============
今日は大雨で、調子の良し悪しはわかりませんが、ロレンソとの熱いバトルを期待だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポルトガルGP1日目午前中、走ったのは青山だけ

日本と同じで大雨にたたられたポルトガルGPの初日。MotoGPクラスでまともに走ったのは青山だけなので、暫定ですが、1位です。あとは全員107%ルール(トップライダーのタイムの107%以上は予選落ち、というルール)にひっかかってるので、明日もどしゃぶりなら・・・・。
<追記>
 午後は走れるコンディションになったっぽいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式プレビュー>ポルトガルGP

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキ(英語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カピロッシは怪我をおしてポルトガルGPに出場

スズキの公式リリースより。
============
「足に小さな骨折があるってわかったときにはがっかりしたけど、走ることにしたんだ。オーストラリアでも大丈夫だったし、それほど問題は無かったからね。実際、歩くよりバイクに乗る方が痛くないんだ。股の筋肉を鍛える治療を集中的にしているんでかなり良くなってきているよ。マシンに乗って、今シーズンがんばってくれたみんなにお返しをするのが待ちきれない。特にこのアジア・パシフィックの3連戦ではいいことが全然無かったからね。怪我はするしマシンは壊れるしで散々だった。スズキもチームも僕にいつでも良くしてくれたから、最高のライバルとできるだけのことをして闘ってみせたいと思う」
============
去り際はきれいに、ってことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステムレスステアリング来年デビュー?

webマガジンのGP week誌(PDFはこちら)より。
来シーズンのFTR(今年はイアンノーネ、デボン、アブラハムあたりが乗ってるMoto2シャーシ)は「ステムレス・ステアリング・システム」になるそうです。
なんでもエアボックスへの空気導入量が多くなるとか。んで、今年はちょっと先進的すぎるんでやめたとか。

ステムレス?ハブステアみたいな感じになるのかしらん?でもハブステアでもステムはあるよなぁ???と疑問はわき出るばかりなので、実車の写真を待ちましょう。っつーか、そんなことしてユーザーがいなくならないか他人事ながら心配。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Inmotecがヴァレンシアテストに参加か?

Motomatters.comが伝えるところによると、今シーズン参戦するかも、と言われていたInmotecが、V4エンジンのマシンで最終戦後のヴァレンシアテストに参加する可能性があるとのこと。
さらに2012年にはノートンとのコラボの可能性もささやかれているとか。
しかし、2012年からレギュレーションが変わるのに、2011年に参戦するメリットがよくわかんないや。とりあえずスポンサーがつかまりそう、ってことらしいですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クラッチロー、袋井でYZR-M1をテスト

来年からテック3でMotoGPに参戦するカル・クラッチローがM1をテストしました。MCNからコメントを翻訳。
============
「スリックでは初日に10周しか走れなかったけど、コーナーによってはフルウェットだった。ドライでは信じられないくらいグリップしたし、ウェットパッチでもスロットルを開けっ放しでも挙動はほとんどないんだ。マシンはすごく剛性が高くて、このシャーシとタイヤでのコーナリングスピードは本当に信じられないよ。
 2日目の午前中は完全ウェットで、その後、雨はやんだけど、晴れなかったし、2台しか走っていなかったんで、コースはウェットのままだった。
 最後の30周はウェットセッティングを完全に外してしまって、リアはまるでスリックみたいだった。それでもラインをはずすことはほとんど無かったんだから、電子制御はすごいよね。それにブリヂストンタイヤは、雨の中でも思い切って倒しこむことができるんだ。
 確かにドライで走れなくていらいらしたけど、雨の中でもOKだったよ。安心して走れたし楽しかった。まあ、雨は割と好きだってのもあるけどね。でもドライで走ったらもっと違いがわかっただろうと思う。まだまだ学ばなければならないことは多いかな」

ヤマハのリリースを掲載しているっぽい、autosport.comでは、こう言っています。
「M1はスーパーバイク仕様のR1と比べてずいぶん小さく感じるね。ポジションはWSBよりいい感じだ。パワーも出てるけど、使いやすい。プロダクションベースのマシンと比べるとパワーの出方がずいぶん違うよね。
 ウェットでは鋳鉄製のブレーキを使ったんだけど、ちょっと晴れてきてからはカーボンブレーキを使うことができた。まじすごかったよ。すごく気持ちいいんだ。
 シャーシの剛性は高いし、向き変えもすごく楽だ。それに電子制御が全然違う。スーパーバイクも相当進んでると思ってたけど、それ以上だよ。
 天気が良くなかったのが残念だね。マシンのポテンシャルをフルに引き出せなかったから、ヴァレンシアテストが待ち遠しいよ。そっちではやるべきことができるといいと思っている」
============
いずれにしてもすごく感銘を受けた様子。ヴァレンシアでのタイムも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これで打ち止めかな>2011年ストーブリーグ

MCNやらMotomatters.comやらspeedtvやらが伝えるところによると、LCRで決まりと思われていたランディ・ドゥ・ピュニエがプラマックドゥカティに行って、かわりにエリアスがLCRに入るようです。というか、チームオーナーのルーチョ・チェッキネロは、エリアスが最初から欲しかったらしい。なので、アドリアーナたんと並んで大人気だったドゥ・ピュニエの彼女のローレン嬢のバニー姿は来年は見られないと。まあ、別のバニーちゃんが立つんでしょうが。わたしとしてはしっぽさえあれば何にもいらない。もふもふ。

青山については確定情報ではないものの、グレシーニホンダでサテライトマシンとのこと。そういうわけでレプソルホンダは3台体制。なんでもレプソルがスポンサー料を増額してくれたとか。このご時世、ありがたいものですな。

んでもって、たぶん今年最後のストーブリーグ表をアップします。こうしてみると、結構動いたねえ。
「stove_2011_101021.xls」をダウンロード

「stove_2011_101021.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコット・レディングのマシン£75,000(ざっと1千万円)でいかが?

スコット・レディングのマシン(スッター)がシーズンオフに売りに出るそうです。MCNより。
Moto2のエンジンは確かリースなので、代わりにユージン・ラヴァティが使ったCBR600RRのスーパースポーツ用エンジンがついてくるとのこと。
興味のある方はチームマネジャーのMichael Bartholemy氏まで。連絡先はリンク先の記事に入ってます。

75,000ポンドですが、今は円が強いので邦貨換算1千万円切っています。よくわかりませんがお買い得と思いますよ。たぶん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/31 ポルトガルGP観戦会@うち のお知らせ

G+の放送が20時〜24時45分なんですが、観戦会やります。
ちなみに昼間はちょっと仕事をしているので、出来合いのつまみと酒だけですが。あ、持ち込みはもちろん大歓迎。

タイスケは時差8時間らしいので、
 Moto2 19:1520:15
 MotoGP 21:0022:00
 125 22:3023:30
放送がどの順番になるかは要確認だな(サマータイムが終わってるとしたら、上記に+1時間なので、この順番で生中継ですね←サマータイムは土曜日で終わる模様。なので、時間訂正しました。)。

例によって参加表明は直メかコメントで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

祥也のためにシャンパンファイトはしなかったんだ>デ・アンジェリス

オーストラリアGPで優勝したデ・アンジェリスと2位のスコット・レディングが表彰台ではしゃがなかったのは、そういうわけなんですね。GPoneより(祥也関連のとこだけ)。
============
「この勝利は祥也に捧げたい。スコットと僕はどちらも辛い体験を乗り越えてきたんだ。それで表彰台に上がる前に、スコットとシャンパンファイトはやめよう、って話したんだ。まあスコットは未成年だからそもそもシャンパンがもらえなかったわけだけど。でも、とにかくそう決めることが大事だったんだよ」
============
なんかね、みんないいやつだけど、みんなをこんなにいいやつにするくらい富沢選手がいいやつだったってことなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘイデンのコメント

勝ったストーナーのコメントはさておき、来年のチームメイトにがつがつ当てられて表彰台を逃してしまったニッキー・ヘイデンのコメントをドゥカティのリリースから。
============
「すごいバトルを晴れた空の下で闘えたのはよかったけど、表彰台に上がれなくてがっかりだ。もちろん優勝のためのバトルだったらもっと良かったけど、どの順位でもヴァレンティーノ・ロッシと争うのは簡単じゃないね。今日はマシンのセッティングを何カ所か変えたんだけど、ウォームアップでオーバーランしてしまって、セッティングの良し悪しを試すことができなかったんだ。おかげでマシンに慣れるまでに何周か過ぎてしまった。チームはもちろん良い仕事をしてくれた。マシンに慣れてきたらいい感じで乗れたし、ギャップも縮めることができたからね。言い訳はしたくないし、がたがた言いたくもない。もしああしてれば、とかも言いたくはないね。結局負けて4位になってしまったのは自分だから。好きなコースだからなおさらがっかりなんだ。調子よく走れていたし、最終ラップでロッシに勝てるとも思っていたのに、できなかった。マシンを仕上げてくれたチームにも申し訳ないと思っているよ」
============
さすがニッキー。「ロッシの野郎、いいかげんにしやがれ」とかは言いませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

公式リリース>オーストラリアGP(リンク先のみネタバレ)

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキブリヂストン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシの年内ドゥカティテストにGOサイン

CRASH.netMCNが伝えています。
年内はヤマハとの契約があるのですが、古澤政生さん(ヤマハの役員)がOKを出したとのこと。
============
"「今朝古澤さんと話したんだけど、ヴァレンシアでのテストを許可してくれたんだ。ヤマハは僕の貢献を評価してくれたんだと思う」
============
いやらしく邪魔してやるのも選択肢として間違ってはいないとおもうんだけどね(黒笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ペドロサとカピロッシは欠場予定>オーストラリアGP

もうタイトルの通りなんで、これ以上言うことはないんですが、ペドロサは骨折した鎖骨の状態が思わしくなく、カピロッシは予選中の転倒で負った左足の怪我により、それぞれ欠場とのこと。さみしい15台のグリッドになります。以上、Motomatters.comより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カルロス・チェカのラスト2戦参戦が決定

CRASH.netより。「早めの撤退」をしたミカ・カリォに替わって38歳のカルロス・チェカがポルトガル、ヴァレンシアの2戦に参戦することが決定しました。
ゼッケンは、お気に入りの「7」が青山のものになっているので、「71」だそうです。すっごく速かったらおもしろいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロレンソは次の目標をみつけなきゃね、とロッシ

CRASH.netより。
============
「タイトルを初めて獲ると、気持ちの中で何かが変わるんだ。これまで夢見たことが現実になるんだからね。だから別の目標をもってモチベーションを高めなければならないんだ。
 もちろん、僕とダニが怪我したことで少しは楽になったかも知れないけど、それでも彼はチャンピオンにふさわしい戦いをしたと思う。いくつものレースで勝っているし、ミスもしなかった。マシンの性能を最大限に引き出してもいたんだから、チャンピオンになって当然だよ」
============
そうやってロレンソにプレッシャーをかけているのか、それとも親心か(たぶん前者)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルヘとトニのセミヌード

MotoCradisiacより。
プールパーティーでの写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兄弟で同一クラスは青山以来?

GPoneより。
エスパロガロ兄弟ネタ。弟パルガロことポルは125ccから昇格、兄パルガロことアレックスはプラマックMotoGPを離れてMoto2でポンスのチームに入りそうとのこと。
これはこれで楽しみかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式プレビュー>オーストラリアGP

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキ(英語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

引き続きフィリップアイランド観戦会@うち 参加者募集中

記事が下がっちゃったので再告知。
10/17(日)10:45からの放送です。
いろいろ入って1本500円ワインってのを仕入れたので、飲み比べるのもあり。安上がりだよん。
夜の「秀」にも参加される方は、予約の都合があるので、その旨お知らせ下さい。とりあえずTakeniさんとcicloneさんは員数に入ってます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

スッター(シューター)のMotoGPマシンがいよいよテストに入る予定

GPoneによると、スッター(シューター←誰か正確な発音教えて!)のMotoGPマシンがテストに入る模様。エンジンと電子制御はBMW製で、シャーシがオリジナル。テストライダーにはFabio Barchitta(ファビオ・バルキッタ?)、将来的にはスコット・レディングにもテストをさせたいらしいです。2012年が待ちきれない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロレンソはチャンピオンにふさわしい、とヘイデン

MCNより(ここんとこMCNが多いなぁ、なぜか)。ニッキー・ヘイデンのロレンソに対するコメント。ロッシやペドロサが怪我したからチャンピオンになれたんじゃん、とか言われている(らしい)ロレンソを擁護しています。
============
「彼は何度も表彰台に昇っているし、予選でフロントローも何度も獲っている。それこそチャンピオンにふさわしいシーズンじゃないか。彼は予選でもレースでもほとんどミスを犯さなかったし、誰も彼をぶちのめせなかったんだよ。
 今シーズンの戦いはレベルが高かったと思うし、全レースに、しっかりしたコンディションで参戦しているんだ。ロッシの怪我を考えれば、『もし』とか『でも』とか言いたくなるかもしれない。でも、最終の第18戦でいちばんポイントを獲っていたライダーがチャンピオンなんだ。
 毎年いろんなことが起こるけど、いちばんたくさんポイントを獲得するってのが条件なんだよ。ロッシのことでいろいろ言うこともできるし、彼が怪我しなければ状況は違っていたかもしれないけど、とにかくロレンソがチャンピオンで、しかもそれにふさわしいと僕は信じている」
============
いぇーい、ニッキー、いいやつだぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩の手術は既定路線>ロッシ

MCNが肩の手術に関するロッシのコメントを伝えています。
============
「セパンやもてぎみたいに、勝つためにアドレナリンが出まくっているときは肩の痛みも薄れるんだけど、やっぱり手術をしないと、心理的にも身体的にも辛いものがあるんだ・
 コースによって、なんとかなるときとならないときがあるんだと思う。来年は100%の状態で臨みたいから手術はするつもりだ。将来的に何に影響するかわからないから、肩の問題は解決しておきたいね」
============
そしてロレンソとの言い訳無しのガチンコ対決だっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富沢に捧げるワールド・タイトル

MCNより。トニ・エリアス、ホルヘ・ロレンソという2人の新チャンピオンが、タイトルを富沢に捧げています。
============
ロレンソ「このタイトルを祥也に捧げたい。彼は本当に勇気と才能に満ちあふれたライダーだった。短期間で、自分がMoto2のトップライダーであることを証明したんだ。でもそんなことより、彼は本当に良いヤツで、みんなが寂しがっているんだよ。アラゴンで勝利を捧げることはできなかったけど、このタイトルは彼に捧げたい」

エリアス「このタイトルは両親、姉(だか妹だか)、友人、僕と一緒にがんばってくれた人たちに捧げたい。そしてこの場にいない人、4年前に亡くなった叔父さんと、富沢にも捧げたい」
============
なんかね、ほんとにみんな良いヤツだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カリォはクビ、かわりにチェカ

プラマック・ドゥカティはフィリップアイランドを最後にミカ・カリォをクビにして(本人は「早めの撤退」、と言っているらしいですが)、カルロス・チェカを代わりに走らせるとMotomatters.comが伝えています。成績の悪さが原因とか。
こらえ性がなさすぎじゃないかな?>プラマック。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペドロサはフィリップアイランドで復帰

Motomatters.comMCNが伝えています。元ネタはプレスリリースなので、木曜日にはホンダの日本語サイトにアップされるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンを無視したわけじゃないんだ

パルクフェルメにロレンソを祝うため駆けつけた中に、ベン・スピースがいたのですが、ロレンソは握手もせずスルーしていました。これについて様々な憶測が飛ぶなか、いや飛んでないんですが、ロレンソ本人がツイッターでコメントしています。ここここ
============
「なんで僕をお祝いにきたスピースを無視したかってメッセージをもらったんだけど、ほんとに気付かなかったんだ。彼が来てくれてたって知って、正直にベンにはそう言ったよ。彼は良いヤツだし、僕らは良い関係だよ」
============
来年はチームメイトですからね。仲良くね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホルヘのパーティー

ロレンソのチャンピオン獲得を祝ってペトロナスがプール付きのバーでパーティーを開催したとのこと。GPoneが伝えています。
パーティーではみんながプールに投げ入れられ、ロレンソ本人は自ら何度も飛び込んだそうで。ただしツナギではなかったらしいですよ、当たり前か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10/17 フィリップアイランド観戦会のお知らせ

2クラスでチャンピオンは決まってしまいましたが、ロレンソとロッシのガチ対決が見られるかもしれません。ってなわけで、うちで観戦会を開催します。

放送は10:45から。
例によってレシート持ち寄り割り勘制。
メニューは考え中ですが、開始が早いので前日から用意できるカレーとかおでんとかでいこうかな。
ちなみに夜はそのままクラーラか広島風お好み焼き「秀」(おいしかった)あたりへ繰り出すのもあり。

参加ご希望の方はコメントか直メでよろしくおねがいします。
もてぎの全日本最終戦に行きたいけど行けないけど都内ならなんとかなるっていう私のような方、ぜひ。
最少催行人数2名(私除く)で。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ロレンソによる "We are the chapions"

記者会見で歌ったというクイーンのウィー・アー・ザ・チャンピオンズがGPoneにアップされてます。
スクロールして、下の方の「THE AUDIO OF JORGE SINGING!」ってやつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マレーシアGP雑感(MotoGPインタビューについて)

ロッシが「ロレンソにおめでとうと言いたい」って言って、ロレンソの肩をバンバンってやったときに、ロレンソが一瞬どんな顔をしていいかわからない感じになったあたりが可笑しかった。心理戦に負けてはいけませんよ>ロレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロレンソのチャンピオン獲得コメント

Motomatters.com経由、ヤマハのプレスリリースからロレンソのコメント。
============
「これが最高峰クラスで最初のタイトルだけど、ついに願いがかなったよ。ライダーとしてこれ以上の栄光はないんだから、世界が終わる直前みたいに、この一瞬一瞬を楽しみたいと思う。どんな気持ちになるかずっと想像してたけど、いざそのときになってみるとどうしていいかわからなくなったよ。リラックスして、きちんと気持ちを伝えようとして、あんまり馬鹿なことを言わないように努力しないとね。今は、自分の成し遂げたことを噛みしめるために、すこし一人になりたい気持ちだ。

感謝したい人はたくさんいるよ。言葉がみつからないけど、まずはヤマハとチーム、ブリヂストン、とにかく関わってくれた全ての人に感謝したい。もちろんファンの皆さんにもね。ずっと精神的に僕のそばにいてくれたからね。
 勝ってチャンピオンを決めるのが最高だったけど、今日はできなかったね。スタートは良かったし、乗れてたんで、一瞬アンドレアから逃げられるかと思ったんだけど、彼に抜かれて、さらにヴァレンティーノにも抜かれてしまった。それで勝ちにこだわるのはリスクが大きすぎると判断したんだ。3位でレースが終わるのを待つべきだってね。
 バイクに乗るのは、僕の人生であり、仕事であり、同時にゲームであり、だからチャンピオンをとれて'GAME OVER' って出したんだ。今日やっとチャンピオン争いが終わって、僕が世界チャンピオンになったんだ。
 今は将来のことなんか考えられないよ。とりあえず初のMotoGPタイトルを祝いたいし、明日のことだって考えられないくらいだ。とにかく今晩はお祝いだね。将来もタフでエキサイティングなものになるだろう。偉大なライバルもいるし。でも今日はそんなことは考えない。まずはこの瞬間を楽しみたいんだ。
 フィリップアイランドはMotoGPのサーキットの中では得意な方ではないけれど、今まで勝ったことがないから、こんどこそ勝ちに行きたいね。今シーズン中にあと何回か勝ちたいし、だからすごくハードにいくつもりだ。
 ここまでずいぶん長い時間がかかった。時間がゆっくりすぎることもあれば、すごく早く過ぎていくこともあった。世界GPに来たときには、ずっと125ccにいるような気がしたけど、たった8年でMotoGPのチャンピオンになれたんだ。こんな風に人生がかわっていくなんて、信じられないことだ。僕らはチャンピオンになるためにすごくがんばってきた。確かに運も良かったと思う。いいバイクといいチームに恵まれたからね。いつでも周りには僕のことを考えてくれる人たちがいてくれた。本当に感謝しているよ。
 シーズン前は指を骨折したりして、いい始まりじゃなかったけど、最高の終わり方ができてうれしく思っている。今シーズンのベスト3を挙げるなら、まずはヘレスかな。MotoGPではヘレス初勝利だったから。それにヘレスは特別だからね。あと、シルバーストンでの池ジャンプかな。あのレースは僕の人生でも最高のレースだった。攻めまくって、そして速かったからね。それと今回のマレーシアだ。ライディングがよかったわけじゃないけど、チャンピオンを獲れた。
 来年ゼッケンを1にするかどうかは決めてないよ。もしいいデザインが作れれば、1を使うかな。でなければ99を使い続けるよ。
 世界チャンピオン、僕がそう呼ばれるなんて信じられないし、すごくうれしい。世界の王になったような気分だ。とにかく今晩は楽しみまくるよ」
============
なんか、ツイッターによると明け方までパーティーをやってたらしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エリアスと青山のシート確保にドルナが動く?

Motomatters.comより、そんな噂が流れているとのこと。
エリアスはプラマック・ドゥカティ、青山はグレシーニ・ホンダという説です。青山はシモンチェリのチームメイトになるわけですが、ワークスチームからはじきとばされてグレシーニホンダに行くはずだったドヴィツィオーゾはレプソルホンダに残留。そのかわりストーナーがレッドブルをスポンサーに一人ワークスチームを作るんだそうで。
うーん、なくはない話だけどどうなんでしょ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公式リリース>マレーシアGP(リンク先のみネタバレ)

ヤマハホンダドゥカティ(英語)スズキブリヂストン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシはまだ言ってるけど、ロレンソはもうチャンピオンに集中

セパンのレース前のプレスカンファレンスにて(ロッシの発言ロレンソの発言、ともにMCNより)。
============
ロッシ「ロレンソがそんなに頭に来ていたなんて、びっくりしたよ。レースでテレビを見たけど、ファッキン・グレートな抜き合いだったよね。僕も相当攻撃的だったけど、ロレンソだって同じだったよ。どちらも一歩も譲らず、最終ラップまで表彰台争いがもつれこんだんだ。
 要するに、あれだけ激しい争いで負けたら、そりゃあ悔しいよ、ってことだよね。まあよくあることだよ。僕だって、負けたときには悔しがるからね。
 僕は僕のレースをしただけだし、ダニは入院しちゃったんだから、チャンピオン争いに影響もないでしょ?それに、ホルヘも、僕と最終ラップで争うようなレースがしたいって言ってたんだし、今回こそ、そういうレースだったじゃない。自分だけ僕に対して争いを挑んでよくって、僕が彼に挑むのはだめって言うのかなあ。僕はいつでもトップを目指して走っているだけなのにね。
 確かにすごいバトルだったけど、彼が言うほどじゃないと思うよ。もしダニが前にいて、勝ちそうな状況だったら、僕も違う走りをしたろうけど、みんな栄光を得るために走ってるはずだよね。僕は、最終ラップに僕を負かそうとするライダーすべてに対して同じように走っているし、今回もそう走っただけだよ。
 確かにヤマハの古澤さんが僕に話しに来て、次のレースは気をつけて走るように言ってったけど、それほど怒ってはいなかった。
 古澤さんも状況はわかってくれたと思う。ヤマハのスタッフも、みんな僕のところに来て、表彰台を祝ってくれたしね。良いレースだったって言ってくれたし、みんな楽しんだみたいだよ。
 ヤマハには言ったんだ。僕に何を期待してるんだ?わざと負けろとでも?ってね。もしそれがほんとなら、レースなんかしないでうちにいるよ。
 まあ、セパンでは気をつけて走るよ(笑)」

ロレンソ
「日本GPの話?ああ、ヤマハと2年契約にサインしたんだよね。
 もう、過去の話はするつもりはないよ。
 うん、今週末は僕にとって特別なものになるといいね。チームにとっても家族にとっても、僕を支えてくれる人たちにとってもね。すごくドキドキするだろうし、どんなことになるか楽しもうと思っているよ。
 不運なことにならないといいな。チャンピオン争いやポイントのことを考えずに自信をもって速く走ろうと思っている。そうは言っても、僕の人生にとって大事なレースになるけどね。だからどんなふうにレースをすればいいのか正直言ってわからないんだ。
 すごく神経質になって、時間がたつほど、どんどんひどくなっていくかと思えば、一方で楽しもうと思っている自分もいる。
 そういうのはレースについて回るものだと思うし、この気持ちは将来のためにとっておきたいと思う。将来も何回かチャンピオンになれるかもしれないけど、今年のチャンピオンがとれたら、それが最高のものになるだろうね」
============
ロレンソ、正直すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年は1台体制>スズキ>2011年ストーブリーグ

MCNによると、スズキは来年1台体制らしいです。
20112012年には2台体制に復活することを前提に、スズキは来年は1台体制にすることにしたと、ドルナの会長、カルメロ・エスペレータがMCNに語ったそうです。

今年、スズキのために特別ルール(本来6基までのエンジンを9基まで使用可)を作ったんだから、いっそ1000ccもスズキだけ前倒しにしてGSX-Rを持ち込ませればいいのに。

「stove_2011_101008.pdf」をダウンロード
「stove_2011_101008.xls」をダウンロード

<追記>誤訳があったので修正。来年が2011年じゃん、やっぱ酔っ払って翻訳するとだめだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青山の来年の参戦に黄信号>2011年ストーブリーグ

Motomatters.com(元ネタはMotosprint)によると、スポンサーであるインターヴェッテンがMotoGPから撤退するために、チーム自体が来年のMotoGP参戦が難しくなっているとのこと。
ホンダさん、なんとかしてくださいまし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロッシはオーストラリアにも出場予定

Motomatters.comによると、オーストラリアを欠場するかも、と言われていたロッシは、とりあえず出場の方向でいるとのこと。
マレーシアでロレンソにチャンピオンを決めてもらって、オーストラリアではガチ勝負ってことでよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

公式プレビュー>マレーシアGP

ヤマハホンダドゥカティ(英語)

ペドロサは欠場みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペドロサはマレーシアで復帰するか(否か)

同じリリースなんですが、CRASH.netGPoneは復帰、autosport.comは復帰が難しそうと意見が分かれています。とりあえずペドロサのコメント。
============
「首と、肩から背中にかけてまだまともに動かないんだ。だから目標はオーストラリアでの復帰かな。マレーシアに行ける可能性はすごく少ないけど、今日検査してみたら鎖骨のプレートはうまくついているし、手術後の経過も順調だってことがわかった。
 この2日ですごく状態も良くなっていて、今は理学療法士とリハビリに取り組んでいるところなんだ。まだ自分で腕を動かすことはできないけど、マッサージのおかげでよくなってきているよ。
 うまくいきはじめたところでこんなことが起こるなんてがっかりだけど、もう起こってしまったことだから、なんとかしなきゃね」
============
このリリースで、復帰の可能性を語るんだ〜。当blog的にはマレーシアは欠場じゃないかと。まあ明日のホンダのリリースでわかるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロレンソは闘志を燃やしてるよ(当然ロッシに対して)

autosport.com(元ネタはガゼッタ・デロ・スポルト)より、終盤戦にむけたロレンソの意気込みコメントと、それをかるーくいなすロッシのコメントを。
============
「彼も別にペナルティを受けるような動きをしたわけじゃないからね。もし問題があるならレース委員会が介入するだろうし。でもぎりぎりだったのは確かだ。具体的にどこかって?もう僕を抜くたびにだよ。毎回、僕に当たってはじき出そうとしたんだ。
 あれは今に始まったことじゃない。ジベルナウにもストーナーにも同じことをした。次は僕の番ってわけさ。でも僕は他のライダーとは違うよ。タイトルさえ獲得できれば、次のサイド・バイ・サイドの争いでは彼と同じことをやるつもりだ。
 確かにヤマハの上層部に話はしたよ。だって、僕はライダータイトルを争っているんだし、ヤマハはコンストラクターズタイトルを戦っているんだからね。僕らがクラッシュすれば、それはホンダやドゥカティへのプレゼントになってしまうし、僕のチャンピオンだって危なくなるんだ」

一方のロッシのコメントはこんな感じ。
「ロレンソの反応には驚いているよ。ゴールした後は静かにしていたし、たぶん、その後、気が変わったんだろう。どういうことかわからないけどね。
 そもそもロレンソはラストラップに僕と勝負するようなレースがしたいって言ってたんだよ。今回がまさにそれだったじゃないか。お互いに何度も抜き合って、確かに接触もあったけど、良いレースだったと思うよ。まあ、僕が先にゴールしたからそう思うのかもしれないけど。
 ホルヘと走っていて、確かに近づきすぎたことに気付くこともあったし、2台分のスペースがなくなって、お互いに接触したこともあったよ。まあ、ロレンソもこれだけやる気になってよかったね、ってとこかな。でも次は3位争いじゃなくて、優勝争いで最終コーナーにもつれ込みたいね」

そしてヤマハのチーム監督、リン・ジャーヴィスは昨日の記事の通り、
「ロレンソは、ロッシを罰してくれと言いに来たわけじゃない。ただ問題があることを訴えただけだし、チームとしても、シーズンを通してこんな争いは見たくないって同意したよ。特にタイトルが2つもかかっているとなってはね。レースの間中、心臓がどきどきしっぱなしだったよ。
 古澤さんがヴァレンティーノと話をしたのも本当だ。別にチームオーダーを出したわけじゃない。でもお互いに尊重し合ってもらいたいとは考えている。ロッシもホルヘがまだタイトルを獲ってないことはわかっているし、僕らの関心もそこにあるってこともわかっているはずだ」
============
「ロッシ=よい子、ロレンソ=悪者」って感じになっているけど、たぶんイタリア新聞が元ネタじゃなくても、そうなっちゃうんだろうなあ。
でもそんなロレンソを応援しているよ、私は。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

さて、チーム・ヤマハの上層部は何て言ってるかというと

今回のロッシとロレンソのバトルについて、ヤマハのチーム監督であるリン・ジャーヴィスのコメントが、GPoneからの引用という形でCRASH.netに掲載されています。
============
「今回のロレンソに対するヴァレンティーノのやり方は問題があるね。
 レースが終わってホルヘがロッシのレース中の行為について僕らの意見を聞きに来たんだ。そこには古澤さんを含めて4人いたんだけどね。
 チームメイト間の争いに意味がないってことにはみんなが合意したよ。今日みたいなサイド・バイ・サイドじゃなくて、十分な安全マージンをとってレースをしてほしいと思っている。
 そのあと古澤さんがヴァレンティーノに話をしに行った。そこではロッシに、ヤマハライダーと争っているときには、もうちょっと違うアプローチを見せてほしいと言っているはずだ。
 僕らの意見ははっきりしているよ。今回のレースはちょっと接近しすぎだし、やり過ぎだと考えている。もうこんなことはごめんだ。チャンピオンシップがかかっているとあってはなおさらね。
 今回の件に関して、チームからロッシにペナルティを科すことはない。ライダーは時にアグレッシブになることはあるし、やり過ぎることもあるのはわかっているよ。で、今回のロッシはやり過ぎだった。
 スポーツとしてのレースという観点からは、確かにスペクタクルが減ってちょっとは退屈になるかもしれないけど、ライダーがグラベルに突っ込んでレースを終えるのは見たくないからね。お互いを尊重してもらいたいと考えている」
============
チームとしてはその通りでしょう。でもねえ、確かロッシがビアッジに肘を出されたときだったかに文句を言ったら、ビアッジが「クラシック音楽をやってるんじゃない」って返したことがありましたが、その通りだと思う。いいじゃん、ダニもいなくなってチャンピオンは決まったようなもんなんだから。
ロレンソも、これを超えないと真の偉大なライダーにはなれないぞ、たぶん。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

公式リリース>日本GP(リンク先のみネタバレ)

ヤマハホンダドゥカティ(日本語)スズキブリヂストン
============
ヤマハのオブラートくるみっぷりが味わい深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきました日本GP(ネタバレ)

行きは早朝で渋滞なし。帰りも、いちばんひどい渋滞はサーキットの駐車場からゲートまででした。
以下ネタバレ感想。

続きを読む "行ってきました日本GP(ネタバレ)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そんなわけで

明日、明後日と現地(もてぎ)ですので、今日はこのへんで。更新も滞りますが、ご容赦くださいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ペドロサのクラッシュは電子制御の問題?

Motomatters.com経由ホンダのプレスリリースより、ダニのコメント。
============
ペドロサ
「あきらかに何かがおかしかったんだ。変なクラッシュだったよ。コースに出て2周目のスローセクションだったんだけどね。普通にブレーキングしたのに何かへんだった。それでスピードが落ちなかったんだ。クラッシュしてすぐ、怪我をしたことはわかったよ。すごく痛かったからね。左のくるぶしを当てて、鎖骨も骨折してしまった。まあ、今日はついてなかったね。ここんとこいいリザルトが出てたのにね。シーズン前から体調は良かったし、最高の状態になるためにがんばってきたのに。怪我と闘うなんて予定外だよ。こんな目にあうなんてね。まあとりあえずお医者さんにみてもらって、スペインで手術をするのがベストだという結論になったんだ。とにかく回復が早くなることを祈りたい」
=======
GPoneは「加藤と同じような事故」って書き方をしています。むーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペドロサ、鎖骨を骨折

MotoGPオフィシャルサイト、teitter情報等によれば、土曜日午前中のフリー走行で転倒し、鎖骨を3カ所骨折したとのこと。手術のためにスペインに帰るようです。
シーズン、終わったな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »