« 富沢選手の人柄 | トップページ | クラッチローはテック3と2年契約、メランドリはヤマハでスーパーバイク(決定) »

デ・アンジェリスの言葉とスコット・レディングの状況

転倒した富沢にぶつかって、やはり転倒してしまったアレックス・デ・アンジェリスとスコット・レディングについての記事がMCNに掲載されています。こちらこちら

デ・アンジェリスはショックのあまり言葉もない様子。言葉少なに「祥也が亡くなってものすごく悲しい重いです。ご家族と彼を愛した全ての方にお悔やみ申し上げます。いまはこれだけしか言えません。こんな状況では、他のことはどうでもいいんです」と今の気持ちを伝えています。

一方、一時は骨盤骨折も疑われたレディングですが、こちらは数針縫っただけですんだようです。本人に替わってチーム監督のお悔やみの言葉が載っていました。「富沢選手の訃報を大きな悲しみをもって聞きました。彼は偉大なライバルであり、パドック中、みなが悲しく思っています。彼のご家族とご友人にお悔やみ申し上げます」

|

« 富沢選手の人柄 | トップページ | クラッチローはテック3と2年契約、メランドリはヤマハでスーパーバイク(決定) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69409/49371620

この記事へのトラックバック一覧です: デ・アンジェリスの言葉とスコット・レディングの状況:

« 富沢選手の人柄 | トップページ | クラッチローはテック3と2年契約、メランドリはヤマハでスーパーバイク(決定) »